matsuda's blog

うつ傾向のある人の意識と行動に関する調査結果を発表 塩野義製薬

塩野義製薬は、517日、うつ傾向のある人の意識と行動に関する調査結果を発表しました。「精神的・身体的な不調の相談意向があるものの、身近なかかりつけ医に実際に相談している人は約1割」となっています。

この調査は、20162月に、うつ傾向のある人の意識と行動の実態を把握することを目的に実施しました。

うつ病の患者数は厚生労働省の統計で約73万人と推計されています。さらに、うつ病・うつ状態でありながらも、医療機関で診断・治療を受けていない潜在的な患者が230万人存在するとも推定されており、うつ症状を相談できていない方がまだ多く存在することが分かっています。しかしながら、うつ病・うつ状態を放置することで症状の悪化や、治療の長期化などが問題になるため、早期発見・早期治療が重要であると言われています。

そのような背景から、塩野義製薬では、うつ傾向になる方々が身近なかかりつけ医に精神的な不調を含めどのように相談されているのか、またその要因についてより深く現状を把握するために調査を行いました。

調査は、20162月にインターネット調査(全国)で実施。事前調査は一般生活者の男女20~6919975人、本調査は事前調査回答者19975人のうち、二質問法(「最近1ヵ月間、気分が沈んだり、憂鬱な気持ちになることがよくあった」または「最近1ヵ月間、物事に対して興味がわかない、心から楽しめないことがよくあった」のいずれか1項目該当で「うつ傾向あり」と判定)で「うつ傾向あり」かつ「うつ病の診断なし(及び最近専門医に受診していない)」に該当する2028人です。

【調査結果要約】

<事前調査結果より>

二質問法でうつ傾向がある人のうち、現在「うつ病/うつ状態」の診断・治療を受けている人は8.1%でした。また、うつ傾向がある人の43.6%は最近内科を受診しており、内科医との接点は少なくないことが示唆されました。うつ傾向のある人が抱える不調として、「物事を悪い方向に考えてしまう」「いつも楽しいことが気がすすまなくやる気が出ない」といった精神的不調や、「疲労倦怠感」「肩の痛み」「睡眠障害」「頭痛・頭重感」といった身体的不調が多くみられました。

<本調査結果より>

うつ傾向がありながらも、うつ病の診断・治療を受けていない"うつ未診断者"のうち、身近なかかりつけの内科医がいると回答した人は約半数でした。

そのような内科医がいても、「専門外のことでも相談できる」と回答した人は22.4%であり、精神的・身体的不調について相談意向があって、実際に相談した人は約1割であることが明らかになりました。

 

http://www.shionogi.co.jp/

2017/05/22(月) 13:53

第6回赤ひげ大賞実施を決定 日本医師会

日本医師会は、第6回「日本医師会赤ひげ大賞」の実施を決定、516日に発表しました。

本賞は、地域の医療現場で長年にわたり、健康を中心に地域住民の生活を支えている医師にスポットを当て、その活躍を顕彰することで、各地の医療環境委整備、医療活動の充実に寄与することを目的として創設しました。

主催は日本医師会と産経新聞社で、受賞者は産経新聞並びにBSフジの特別番組で紹介する予定です。

対象者は、「病を診るだけではなく、地域に根付き、その地域のかかりつけ医として、生命の誕生から看取りまで、様々な場面で住民の疾病予防や健康の保持増進に努めている医師で、日本医師会会員あるいは都道府県医師会会員で現役の医師(現職の日本医師会・都道府県医師会役員は除く)です。各都道府県医師会長が推薦します。

候補者の中から、選考委員会において受賞者5名を決定し表彰を行います。受賞者には賞状と記念品及び副賞100万円を贈呈します。

 

http://www.med.or.jp/

2017/05/16(火) 12:18

「ジェネリック医薬品産業ビジョン」公表 日本ジェネリック製薬協会

日本ジェネリック製薬協会(GE薬協)は、511日、「ジェネリック医薬品産業ビジョン~日本の保健医療とグローバルヘルスを担う自覚と責任~」を公表しました。428日に概要を公表しましたが。511日に本文を公表しました。

「経済財政運営と改革の基本方針2015」において、ジェネリック医薬品の数量シェア目標80%以上が提示されました。本ビジョンは、その目標が達成された後のわが国の社会において、ジェネリック医薬品や同産業が果たすべき役割についてまとめたもので、業界各社の指針となることを目指しています。本ビジョンは、GE薬協の総務委員会政策部会が作成に当たりました。

「ジェネリック医薬品産業ビジョン」は、ジェネリック医薬品の産業ビジョン策定の背景として、①ジェネリック医薬品への期待と使用促進策の経緯、②製薬産業に係る環境の変化(変化のスピードと大きさ)への適応を示し、ジェネリック医薬品産業ビジョンの基本的な考え方として、「201594日に厚生労働省から公表された『医薬品産業強化戦略』では、2017年央のジェネリック医薬品の数量シェア目標の進捗状況を確認した上で『総合戦略』の見直しを行うと記載された。ジェネリック医薬品に対する期待に応えるため、かつ取り巻く環境の変化に対応していくためにも、本ビジョンは、ジェネリック医薬品を取扱う全てのメーカーの指針となる」としています。

ビジョンは、

Vision1 期待される産業像の実現】~海外展開、新たな流通体制への対応~

Vision2 安心、信頼の追求】~安定供給、品質管理、安全性・情報発信~

Vision3 未来への挑戦】~不確実な未来(環境変化)への対応~

3つであり、そのビジョンを支える根底の考え方について記載されています。

 

http://www.jga.gr.jp/

2017/05/11(木) 18:01

かかりつけ薬剤師・薬局の普及啓発を目的とした特設ウェブサイト公開 日本薬剤師会

日本薬剤師会は、59日、「かかりつけ薬剤師・薬局」普及推進を目的とした特設ウェブサイト公開を発表しました。

患者・生活者に対して「かかりつけ薬剤師・薬局」に関する情報発信を強化するため特設ウェブサイトを公開したものです。

日本薬剤師会では、これまで、リーフレットや新聞での記事広告等による「かかりつけ薬剤師・薬局」の啓発活動を行ってきましたが、今回の取り組みは、「かかりつけ薬剤師・薬局」に特化した情報を集約(データベース化)、蓄積し、患者・生活者からの認知をさらに高めることを目的とするものです。

今後は、一般紙への記事広告、各種リーフレット、ポスターなど、「かかりつけ薬剤師・薬局」をテーマとしたすべての制作物から、本特設サイトへの誘導を促し、詳細情報の閲覧を促進します。また、本特設サイトへのアクセス数を指標とした効果検証も行っていきます。

併せて、健康サポート薬局や、薬と健康の週間に関するコンテンツも順次追加する予定にしています。

 

「かかりつけ薬剤師・薬局」特設サイトへのURL

http://www.nichiyaku.or.jp/kakaritsuke/

 

http://www.nichiyaku.or.jp/

2017/05/11(木) 17:25

受動喫煙防止対策強化・実現のための署名を展開 日本医師会

日本医師会は、510日、「受動喫煙の防止対策を強化・実現するための署名」の展開を発表しました。

横倉義武会長名で出された趣意書は次の通りです。

 

2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会の開催にあたり、国際オリンピック委員会(IOC)から「たばこのないオリンピック」の実現が求められています。わが国は世界に向け、たばこ対策に抜本的に取り組む姿勢を示す必要があります。

なかでも、わが国の受動喫煙による健康被害への対策は、世界保健機関(WHO)から「世界最低レベル」に分類されており、少なくとも年間15千人が受動喫煙を受けなければ、がん等で死亡せずに済んだと推計されています。

このような状況を考えれば、屋内における喫煙は単なるマナー嗜好の問題ではなく、国民の健康被害の問題として捉えなければなりません。

非喫煙者、とくに働く若い人を受動喫煙による健康被害から完全に守るためには、日本全体で屋内100%全面禁煙とする国際水準の受動喫煙防止法や条例の制定が不可欠であります。

われわれ医師会は、「国民の健康を守る専門家集団」として、国民の健康を第一に考え、例外規定や特例を設けることなく受動喫煙の防止対策を強化・実現するための署名活動を行うことといたしました。

国民の皆様にも広くこの活動の趣旨をご理解いただき、ひとりでも多くの方にご署名賜り、国への働きかけの力とさせていただきたいと存じます。

 

http://www.med.or.jp/

2017/05/11(木) 16:49

卵巣がん疾患啓発ウェブサイトを開設 アストラゼネカ

アストラゼネカは、58日、卵巣がん疾患啓発ウェブサイト『卵巣がん.jp』の開設を発表しました。

「世界卵巣がんデー」に合わせ、卵巣がんの疾患啓発を目的として、日本の卵巣がん患者さんとご家族向けの卵巣がん疾患啓発ウェブサイトを開設したものです。

近年、日本において卵巣がんは増加傾向にあり、毎年9,000人以上の女性が卵巣がんと診断されています。卵巣がんは初期の自覚症状がほとんどなく、患者さんの半数以上が進行した状態で診断される、婦人科がんの中で最も生存率の低いがんです。そのため、患者さんは、治療や自身の経過に対して幅広い情報を求めていることが考えられます。

このことから、アストラゼネカは、患者さんが疾患や治療についての正しい知識を身につけ、自らが納得する治療を選択することが重要だと考えています。この度開設した『卵巣がんjp』では、海外で展開する卵巣がん疾患啓発サイト"My OC Journey"の内容に加え、日本人の疫学情報や国内の診断や治療、医師とのコミュニケーション内容を紹介するなど、日本の卵巣がん患者さん一人ひとりの治療を応援するために包括的な情報を提供しています。

ウェブサイトを監修した京都大学医学研究科婦人科学産科学分野教授の万代昌紀医師は、本サイトについて「卵巣がんは一般女性には比較的なじみのないがんだと思いますが、婦人科がんの中では重要な病気です。このサイトが患者さん、あるいは患者さんを支えるご家族やご友人が卵巣がんに対する理解を深め、上手に付き合う一助となることを期待します」と述べています。

アストラゼネカは、オンコロジー領域における新薬の開発をリードするバイオ・医薬品企業として、今後も卵巣がん患者さんとそのご家族のニーズに応える活動を展開し、サポートを続けていきます

 

https://www.astrazeneca.co.jp/

2017/05/09(火) 16:10

第31回管理栄養士国家試験合格発表 厚生労働省

厚生労働省は、59日、第31回管理栄養士国家試験の合格を発表しました。

 

◇第31回管理栄養士国家試験(319日に実施)

受験者数19,472名、合格者数10,622名、合格率数54.6%

〇学校区分別合格者

管理栄養士養成課程(新卒):受験者数9,425名、合格者数8,704名、合格率92.4%

管理栄養士養成課程(既卒):受験者数1,918名、合格者数353名、合格率18.4%

栄養士養成課程(既卒):受験者数8,129名、合格者数1,565名、合格率19.3%

〇合格基準:配点を11点とし、総合点120点以上/200

 

<年次別受験者数・合格者数・合格率>

平成25年(第27回):受験者数20,455名、合格者数7,885名、合格率38.5%

平成26年(第28回):受験者数21,302名、合格者数10,411名、合格率48.9%

平成27年(第29回):受験者数19,884名、合格者数11,068名、合格率55.7%

平成28年(第30回):受験者数19,086名、合格者数8,538名、合格率44.7%

2017/05/09(火) 14:33

第9回「日本新薬こども文学賞」最優秀作品決定

日本新薬は、427日、第9回「日本新薬こども文学賞」最優秀作品決定を発表しました。

「日本新薬こども文学賞」は、絵本を通じて、未来を担うこどもたちの"ゆめ"を彩り、健やかな"こころ"の成長を見守りたいとの願いから、日本児童文芸家協会の後援を得て、日本新薬創立90周年に当たる2009年に創設したものです。

9回目となる今回は、昨年11月から今年2月まで物語と絵画を募集し、全国から物語1,538点、絵画427点、合計1,965点の作品が寄せられ、物語と絵画各部門の最優秀賞を含む17点の入賞作品を決定しました。

応募作品は、絵本作家の岡信子氏、京都精華大学学長の坪内成晃氏、小児科医の細谷亮太氏ほか4名の合計7名からなる審査員によって厳正に審査され、物語部門最優秀賞は、こどもの部より冨川晴名さん(10歳:山形県在住)の「ことば忍法オノマトペ」が、また絵画部門最優秀賞には、いげたゆかりさん(32歳:神奈川県在住)の「よるのあしおと」が選ばれました。

絵画部門では、本審査とは別に、日本新薬社員による投票を実施し、青山一樹さん(51歳:埼玉県在住)「みんなでたくさんつくろうよ」、ワサアオイさん(8歳:大阪府在住)の「虹色空街」の2点を「日本新薬特別賞」として選出しました。入賞者には、10月に開催予定の表彰式で賞金等を贈呈します。

日本新薬では、最優秀賞を受賞した物語をもとに、絵画部門の最優秀賞を受賞したいげたゆかりさんが絵をつけた絵本3万冊を制作し、今年10月の完成を目指します。出来上がった絵本は、全国の小児科医院等の医療機関や公共施設等を通じて、広くこどもたちのもとに届けられるほか、同社のホームページでも閲覧できる予定です。

 

http://www.nippon-shinyaku.co.jp/

2017/05/01(月) 16:39

がん患者と家族に対する緩和ケア提供の現況調査結果を公表 厚生労働省

厚生労働省は、425日、「がん患者と家族に対する緩和ケア提供の現況に関する調査」の結果を公表しました。

終末期に限らず、がんなどと診断された時から患者と家族のあらゆる苦痛を和らげ、生活の質を向上させるための「緩和ケア」を提供する病院について、調査結果を取りまとめたものです。

今回の調査は、効果的な取り組みを自治体や医療機関などに情報提供することを目的に、「地域がん診療連携拠点病院」の中で、緩和ケアを提供する体制に工夫がされている5つの病院を対象として実施したものです。

地域がん診療連携拠点病院は、二次医療圏内において、全国で等しく専門的な質の高いがん医療を提供するため、がん診療の連携体制構築や患者と家族の相談支援を実施、がんの診療体制や診療実績などの要件に基づき、全国で348の病院(平成2941日現在)が指定されています。

今回対象となった5つの病院は、日本海総合病院(山形県酒田市)、川崎市立井田病院(神奈川県川崎市)、聖隷三方原病院(静岡県浜松市)、市立豊中病院(大阪府豊中市)、松江市立病院(島根県松江市)です。

【調査結果のポイント】

1. 患者の各状況(診断・通院・入院・退院・在宅療養時)に応じた支援体制を構築

・「がん看護外来」-告知を受けた早期から専門知識を持つ看護師が相談対応

・「緩和ケア外来」-化学療法など積極的治療の段階から痛みを緩和

・「緩和ケアチーム」-患者と家族の心身の苦痛に多職種が対応

・「緩和ケア病棟」-患者が自分らしく過ごせるよう環境に配慮

・「在宅ケア体制」-退院後に在宅で療養する患者を緩和ケア医師が訪問診療

2.「がん相談支援センター」において各種の取り組みを実施

治療・療養、経済面、就労などに関する患者と家族の悩みに相談員が無料で対応

・「がんサロン」「患者会」-がんの患者と家族が情報交換し気持ちを共有

・「アピアランスケア」-がんの治療に伴う外見の変化への悩みに対応

 厚生労働省では、今回の報告書は事務連絡やホームページへの掲載を行い、がん対策を推進する自治体や医療関係者などへ情報提供します。また、こうした情報提供を通じて、緩和ケアが「よりよく生きるひとつの方法」との理解が国民に広まることを期待しています。

 

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000162621.html

2017/04/26(水) 12:14

前立腺肥大症に関する情報サイト開設 日本新薬

日本新薬は、421日、前立腺肥大症に関する情報サイト「オトコジシン.com」開設を発表しました。患者さん向け疾患啓発活動の一環として開設したものです。(http://otoko-jishin.com)

「オトコジシン.com」では、前立腺肥大症の病態や治療法、血流改善のススメ、前立腺肥大症のチェックシートなど専門医師が判りやすく紹介しています。

多くの男性は、加齢とともに前立腺が肥大し、尿トラブルを抱えるようになります。しかし、年齢を理由にして放置していると症状の悪化を招き、QOLが低下する恐れがあります。

尿トラブルは、適切な治療を受けることによって改善する病気です。症状があっても、何となく恥ずかしいという気持ちから受診をためらう方も多いようですが、早めに受診し治療することで"オトコのジシン"を取り戻し、より良い生活を送ることが期待できます。

日本新薬は、前立腺肥大症に対する社会的認知度の向上と、患者さんの治療環境の改善を目指した活動を通じて、人々の健康と豊かな生活に貢献したいと考えています。

 

http://www.nippon-shinyaku.co.jp/

2017/04/25(火) 14:53