matsuda's blog

薬局・店舗販売業の店舗における明確な区別の考え方で通知 厚生労働省

厚生労働省は、331日、医薬・生活衛生局総務課長名で、各都道府県・保健所設置市・特別区の衛生主管部(局)長宛に「薬局及び店舗販売業の店舗における明確な区別の考え方」について通知を発しました。また、同日付で総務課、監視指導・麻薬対策課の連名で「薬局と店舗販売業の併設等に関するQ&A」として審査基準等の標準化のため事務連絡を発しました。

<薬局及び店舗販売業の店舗における明確な区別の考え方について>

「薬局及び店舗販売業の店舗の構造設備については、薬局等構造設備規則第1条第1項第3号及び第2条第3号において、当該薬局又は店舗販売業以外の薬局又は店舗販売業の店舗の場所、常時居住する場所及び不潔な場所から明確に区別されることが求められていますが、今般、これらの規定の趣旨について、下記の通り改めて整理しました」として、薬局及び店舗販売業の店舗に対する適切な指導を要請しています。

                             記

 

1. 当該薬局又は店舗販売業以外の薬局又は店舗販売業の店舗の場所から明確に区別されていることとは、「薬事法施行規則等の一部を改正する省令」により、一般用医薬品の陳列方法等を定めたことに伴い、購入者から見て一般用医薬品等を販売している薬局又は店舗販売業の店舗を明らかにするためのものであること。

2. 一方、常時居住する場所及び不潔な場所から明確に区別されていることとは、業として調剤の業務及び販売業を行う場所に明確にし、薬局及び店舗販売業の衛生面を担保するためのものであること。

3. 以上の通り、1と2における「明確に区別されていること」とは、同等の方法で区別することを求めるものではなく、1の場合の「明確に区別されていること」とは、壁等で完全に区画されている必要はないこと。

 

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000082514.html

2017/04/04(火) 15:53

第40回救急救命士国家試験合格発表 厚生労働省

厚生労働省は、331日、第40回救急救命士国家試験(312日に実施)の合格を発表しました。

◇第40回救急救命士国家試験:出願者総数3,081人、受験者数3,031人、合格者数2,576人、合格率85.0%

合格基準:(1)必修問題は44.0点以上/55.0点、(2)通常問題は132.0点以上/220.0点。但し、通常問題の一部を採点から除外された受験者にあっては、通常問題の得点について1問除外の場合は130.5点、2問除外の場合は129.0点以上とする。なお、平均点は必修問題が50.0点、通常問題が160.0点です。

 

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000158690.html

2017/04/03(月) 15:53

28年度第3四半期ジェネリック医薬品シェア分析結果を公表 日本ジェネリック製薬協会

日本ジェネリック製薬協会(GE薬協)は、330日、平成28年度第3四半期ジェネリック医薬品シェア分析結果を公表しました。

平成28年度第3四半期(10~12月)のジェネリック医薬品(GE医薬品)の数量シェア分析結果(速報値)は66.4%です。

数量は製版業者からの出荷数量、四半期ごとのシェア数値は、GE薬協理事・監事会社のデータ及びIMSのデータを基に推計した速報値で、GE医薬品のシェアはGE医薬品の数量をGE医薬品のある先発医薬品の数量+GE医薬品の数量で除したものです。

四半期ごとのGE医薬品数量シェア分析結果の推移は、平成27年度第3四半期が59.9%、第4四半期が62.3%、28年度第1四半期が63.7%、第2四半期が65.1%となっています。

 

http://www.jga.gr.jp/

2017/04/03(月) 15:30

各師・士国家試験合格発表 厚生労働省

厚生労働省は、328日、各師・士国家試験の合格を発表しました。

◇第30回臨床工学技士国家試験(35日に実施):受験者数2,947名、合格者数2,413名、合格率81.9%

合格基準:配点を11点、合計179点満点とし、108点以上/179

◇第30回義肢装具士国家試験(224日に実施):受験者数254名、合格者数221名、合格率87.0%

合格基準:一般問題を11点、実地問題を12点、合計129点満点とし、78点以上/129

◇第30回臨床工学技士国家試験(35日に実施):受験者数2,947名、合格者数2,413名、合格率81.9%

合格基準:配点を11点、合計179点満点とし、108点以上/179

◇第26回歯科衛生士国家試験(35日に実施):受験者数7,218名、合格者数6,737名、合格率93.3%

合格基準:配点を11点、合計218点満点とし、131点以上/218

◇平成28年度歯科技工士国家試験(219日に実施):受験者数1,012名、合格者数987名、合格率97.5%

合格基準:学説試験は配点を11点、合計80点満点とし、48点以上/80点(ただし、基礎科目群及び専門科目群別得点のいずれかが、その科目群の総得点の30%未満のものがあるものは不合格)。実地試験は1課題を30点、合計90点満点とし、54点以上/90点。学説試験、実地試験それぞれの基準を満たしたもの。

◇第25回あんまマッサージ指圧師、はり師及びきゅう師国家試験(225日及び26日に実施):あんまマッサージ師指圧師は受験者数1,603名、合格者数1,354名、合格率84.5%、はり師は受験者数4,528名、合格者数3,032名、合格率67.0%、きゅう師は受験者数4,444名、合格者数3,010名、合格率67.7%

合格基準:配点を11点、合計150点満点とし、90点以上/150

◇第25回柔道整復師国家試験(35日に実施):受験者数6,727名、合格者数4,274名、合格率63.5%

合格基準:必修問題については配点を11点とし、全30問中、その得点が総点数の80%以上、24点以上、一般問題については配点を11点とし、全200問中、その得点が総点数の60%以上、120点以上で、必修問題及び一般問題のいずれも合格基準を満たしている者

◇第19回言語聴覚士国家試験(218日に実施):受験者数2,571名、合格者数1,951名、合格率75.9%

合格基準:配点を11点、合計200点満点とし、120点以上/200

 

http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/goukaku.html

2017/03/29(水) 11:45

合格率は71.58% 第102回薬剤師国家試験合格発表 厚生労働省

厚生労働省は、328日、225日及び26日に実施した第102回薬剤師国家試験の合格者を発表しました。

全体では出願者数14,701名、受験者数13,243名、合格者数9,479名、合格率71.58%で、このうち新卒者は出願者数9,417名、受験者数8,291名、合格者数7,052名、合格率85.06%です。

この結果を男女別、設置主体別にみると次の通りです。

(1)     男女別合格率①

出願者:総数14,701名、男6,175(42.00%)、女8,526(58.00%)

受験者:総数13,243名、男5,435(41.04%)、女7,808(58.96%)

合格者:総数9,479名、男3,690(38.93%)、女5,789(61.07%)

合格率:総数71.58%、男67.89%、女74.14%

(2)     男女別合格率②

6年制新卒=出願者:総数9,417名、男3,677(39.05%)、女5,740(60.95%)

    受験者:総数8,291名、男3,167(38.20%)、女5,124(61.80%)

    合格者:総数7,052名、男2,692(38.17%)、女4,360(61.83%)

    合格率:総数85.06%、男85.00%、女85.09%

6年制既卒=出願者:総数4,736名、男2,168(45.78%)、女2,568(54.22%)

     受験者:総数4,515名、男2,020(44.74%)、女2,495(55.26%)

    合格者:総数2,295名、男939(40.92%)、女1,356(59.08%)

    合格率:総数50.83%、男46.49%、女54.35%

その他=  出願者:総数548名、男330(60.22%)、女218(39.78%)

     受験者:総数437名、男248(56.75%)、女189(43.25%)

     合格者:総数132名、男59(44.70%)、女73(55.30%)

     合格率:総数30.21%、男23.79%、女38.62%

(3)     設置主体別合格率

6年制新卒=出願者:総数9,417名、国立477名、公立220名、私立8,720

         受験者:総数8,291名、国立469名、公立217名、私立7,605

        合格者:総数7,052名、国立438名、公立201名、私立6,413

        合格率:総数85.06%、国立93.39%、公立92.63%、私立84.33%

6年制既卒=出願者:総数4,736名、国立67名、公立34名、私立4,635

         受験者:総数4,515名、国立62名、公立29名、私立4,424

        合格者:総数2,295名、国立36名、公立15名、私立2,244

        合格率:総数50.83%、国立58.06%、公立51.72%、私立50.72%

その他=  出願者:総数548名、国立119名、公立37名、私立391

         受験者:総数437名、国立109名、公立36名、私立291

        合格者:総数132名、国立66名、公立20名、私立46

        合格率:総数30.21%、国立60.55%、公立55.56%、私立15.81%

合計=   出願者:総数14,701名、国立663名、公立291名、私立13,746

         受験者:総数13,243名、国立640名、公立282名、私立12,320

        合格者:総数9,479名、国立540名、公立236名、私立8,703

        合格率:総数71.58%、国立84.38%、公立83.69%、私立70.64%

 なお、その他は旧4年制卒、受験資格認定者で、設置主体別では国立・公立・私立以外のその他で1名の出願・受験がありますが不合格です

 

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000157911.html
2017/03/28(火) 17:58

保健師・助産師・看護師の国家試験合格発表 厚生労働省

厚生労働省は、216日、17日及び19日に実施した第103回保健師国家試験、第100回助産師国家試験、第106回看護師国家試験の合格発表を行いました。

 

◇第103回保健師国家試験:出願者数8,294人(うち新卒者7,632人)、受験者数8,207人(新卒者7,590人)、合格者数7,450人(新卒者7,172人)、合格率90.8%(新卒者94.5%

◇第100回助産師国家試験:出願者数2,064人(うち新卒者2,055人)、受験者数2,053人(新卒者2,044人)、合格者数1,909人(新卒者1,904人)、合格率93.0%(新卒者93.2%

◇第106回看護師国家試験:出願者数63,043人(うち新卒者56,706人)、受験者数62,534人(新卒者56,381人)、合格者数55,367人(新卒者53,177人)、合格率88.5%(新卒者94.3%

 

◇第103回保健師国家試験の合格基準:一般問題を11点(73点満点)、状況設定問題を12点(68点満点)とし、総得点85点以上/141点。但し、一部の問題において採点対象から除外された受験者にあっては、総得点84点以上/140点となる。

◇第100回助産師国家試験の合格基準:一般問題を11点(75点満点)、状況設定問題を12点(70点満点)とし、総得点87点以上/145点。

◇第106回看護師国家試験の合格基準:必修問題及び一般問題を11点、状況設定問題を12点とし、(1)(2)の全てを満たす者。(1)必修問題40点以上/50点。但し、必修問題の一部を採点対象から除外された受験者にあっては、必修問題の得点について40点以上/49点又は39点以上/48点となる。(2)一般問題・状況設定問題142点以上248点。

 

http://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/successlist/2017/siken03_04_05/about.html

2017/03/27(月) 16:00

アレルギー疾患対策推進に関する基本的な指針策定 厚生労働省

アレルギー疾患対策の総合的な推進を図るため、アレルギー対策基本法第11条第1項に基づき、アレルギー疾患対策の推進に関する基本的な指針が策定され、321日に告示されましたが、厚生労働省は、同日、健康局長名で、都道府県知事・政令指定都市市長・中核市市長宛に通知を発しました。

「アレルギー疾患対策の推進に関する基本的な指針」の制定について

1. 策定の趣旨

アレルギー疾患対策基本法第11条第1項の規定に基づき、アレルギー疾患対策の総合的な推進を図るため、アレルギー疾患対策の推進に関する基本的な指針を策定する。

アレルギー疾患が国民生活に多大な影響を及ぼしている現状とアレルギー疾患が生活環境の多様で複合的な要因により発生し、重症化することに鑑み, アレルギー疾患対策の一層の充実を図るため、総合的にアレルギー疾患対策を推進することを目的とする。

2. 指針の主な事項

法第11条第2項各号において、アレルギー疾患対策基本指針は、「アレルギー疾患対策の推進に関する基本的な事項」、「アレルギー疾患に関する啓発及び知識の普及並びにアレルギー疾患の予防のための施策に関する事項」、「アレルギー疾患医療を提供する体制の確保に関する事項」、「アレルギー疾患に関する調査及び研究に関する事項」、「その他アレルギー疾患対策の推進に関する事項」について定めるものと規定されている。

具体的には、以下のとおり定める。

第一 アレルギー疾患対策の推進に関する基本的な事項

  国、地方公共団体、医療保険者、国民、医師その他医療関係者、学校等の設置者又は管理者が、各々の責務に基づき、生活環境の改善、居住地域に関わらない科学的知見に基づくアレルギー疾患医療の提供体制の整備、適切な情報の入手、生活の質の維持向上のための支援のための体制整備、研究の推進や研究等の成果の普及、活用、発展といったアレルギー疾患対策を総合的に推進することを定める。

第二 アレルギー疾患に関する啓発及び知識の普及並びにアレルギー疾患の予防のための施策に関する事項

  生活環境がアレルギー疾患に及ぼす影響についての啓発と知識の普及、重症化の予防と症状の軽減に関する教育や啓発について定める。

  アレルギー疾患の重症化の予防と症状の軽減に資する生活環境の改善を図るための措置について定める。

第三 アレルギー疾患医療を提供する体制の確保に関する事項

  関係学会と連携し、医師、薬剤師、看護師等、アレルギー疾患医療に係る専門的知識や技能を有する医療従事者の育成について定める。

  居住地域に関わらず適切なアレルギー疾患医療が受けられるよう、専門的なアレルギー疾患医療提供機関を整備することについて定める。

第四 アレルギー疾患に関する調査及び研究に関する事項

  重症化の要望と症状の軽減のための、疫学研究、基礎研究、臨床研究の促進及びこれらの成果が活用されるための施策について定める。

  医薬品、医療機器等の知見が迅速かつ確実に行われるための環境整備について定める。

第五 その他アレルギー疾患対策の推進に関する重要事項

  アレルギー疾患を有する者の生活の質の維持、向上のための施策、地方公共団体が行う基本的施策、災害時の対応、必要な財政措置の実施と予算効率化・重点化、アレルギー対策基本指針の見直し及び定期報告について定める。

 

http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T170322H0041.pdf

http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/hourei/H170322S0030.pdf
2017/03/23(木) 15:05

小学校学習指導要領案にくすり教育追加を要望 くすりの適正使用協議会が文科省のパブリックコメント募集で

くすりの適正使用協議会は、322日、文部科学省のパブリックコメント募集に対して「小学校学習指導要領(案)にくすり教育の追加」を要望したことを発表しました。

214日に文部科学省から公示された小学校学習指導要領案にくすり教育が含まれていなかったことに対し、くすり教育の追加を要望するパブリックコメントを提出したものです。

くすりの適正使用協議会は、2002年からくすり教育のサポートを続けており、教材開発や貸出、パワーポイント教材の無料提供と、保健体育教諭や養護教諭、学校薬剤師へのくすり教育の出前研修を行っています。

前回の学習指導要領改訂では、それまで高校で扱われていた医薬品の内容が中学校に移行し(2012年)、高校の内容もレベルアップしました(2013年)。これにより、現在の中学生・高校生は、医薬品には主作用・副作用があり、使用回数・使用時間・使用量を守る必要があること、医療用医薬品と一般用医薬品の種別や、承認制度・販売制度などについての理解を深め、生涯に亘って自ら健康を管理するための基礎となる医薬品の知識と判断力が培われつつあります。

一方、協議会の調査によれば、お茶やコーラで薬を服用した経験を持つ児童は49%に達します。小学校に薬を持参する児童は20%、さらに自己判断で薬を服用した経験がある児童も18%にのぼっています。

このように、現実的には小学校のうちから医薬品を使用する機会が多い中で、病気や怪我の備えとして、小学生のうちから医薬品の役割を知り、正しい使用法を身に付けるためのくすり教育が必要と協議会は考えています。

 

https://www.rad-ar.or.jp/

2017/03/23(木) 11:30

6年制教育一本化へ 大阪薬科大学が30年度入学生から

大阪薬科大学は、317日、6年制一本化について発表しました。

大阪薬科大学は、現在、薬学科(6年制、入学定員270名)と薬科学科(4年制、入学定員30名)で構成されていますが、平成30年度入学生から6年制教育に一本化します。6年制の薬学科のみとし、入学定員294名で変更届け出の予定です。

大学では、31日、30年度の入学試験から薬科学科(4年制)の学生募集を停止することを発表しています。

大阪薬科大学薬学部は、6年制の薬学科と4年制の薬科学科を設置しており、入学後3年次までは同じカリキュラムとし、4年次進級時に希望により学科を選択する制度を採用しています。薬学科では薬剤師の養成を、薬科学科では大学院進学を見据えた薬学研究者の養成を主目的としていますが、薬科学科卒業生にも大学院終了後に実務実習等の必要単位を取得すれば薬剤師国家試験の受験資格が付与されています。この制度は、薬学教育が4年制から6年制に移行した際の経過措置として平成29年度入学生までに与えられた特例措置で、平成30年度入学生からは適用されません。こうした事情等を勘案し、平成30年度から、薬科学科(4年制)の学生募集を停止し、薬学科(6年制)に一本化することにしました。

 

http://www.oups.ac.jp/

2017/03/21(火) 17:38

医師及び歯科医師国家試験の合格発表 厚生労働省

厚生労働省は、317日、医師国家試験及び歯科医師国家試験の合格を発表しました。

 

◇第111回医師国家試験(211~13日に実施)

出願者数:全体9,959人、新卒者9,124

受験者数:全体9,618人、新卒者8,828

合格者数:全体8,533人、新卒者8,104

合格率:全体88.7%、新卒者91.8%

合格基準は、一般問題を11点、臨床実地問題を13点としたとき、

(1)     必修問題については、160点以上/200

   但し、必修問題の一部を採点から除外された受験者にあっては、必修問題の得点について総点数の80%以上とする。

 (2 必修問題を除いた一般問題及び臨床実地問題については、一般問題は128点以上/198点、臨床実地問題は381点以上/600

 (3 禁忌肢問題選択数は3問以下

 

◇第110回歯科医師国家試験(24~5日に実施)

出願者数:全体3,691人、新卒者2,462

受験者数:全体3,049人、新卒者1,855

合格者数:全体1,983人、新卒者1,426

合格率:全体65.0%、新卒者76.9%

合格基準は、一般問題(必修問題を含む)を11点、臨床実地問題を13点とし、

1)領域A(総論)70点以上/109

 (2)領域B (各論~Ⅲ)132点以上/180

 (3)領域C  (各論Ⅳ~Ⅵ)136点以上/209

(4) 必修問題 56点以上/70

但し、必修問題の一部を採点から除外された受験者にあっては、必修問題の得点について総点数の80%以上とする。

(5)禁忌肢問題選択数は2問以下

 

http://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/successlist/2017/siken01/about.html


2017/03/17(金) 15:02