matsuda's blog

平成27年度調剤医療費の動向 厚生労働省が発表

厚生労働省は、913日、「平成27年度調剤医療費(電算処理分)の動向」を公表しました。

厚生労働省では、毎年、調剤医療費の動向及び薬剤の使用状況等を把握するために、電算処理分のレセプトを集計し、「調剤医療費(電算処理分)の動向」として公表しています。このたび、平成27年度の集計結果がまとまったため公表したものです。

【調査結果のポイント】

  平成27年度の調剤医療費(電算処理分に限る)は78,192億円(伸び率(対前年同期比)+9.3%)であり、処方せん1枚当たり調剤医療費は9,546円(伸び率+7.3%)であった。

その内訳は、技術料が18,283億円(伸び率+3.4%)、薬剤料が59,783億円(+11.3%)、特定保険医療材料が126億円(+3.8%)であり、薬剤料のうち、後発医薬品が8,502億円(+18.2%)であった。

  処方せん1枚当たりの調剤医療費を年齢階級別にみると、年齢とともに高くなり、75歳以上では11,730円と、0歳以上5歳未満の3,328円の約3.52倍であった。

  後発医薬品割合は、平成27年度末で数量ベース(新指標)が63.1%であり、年度平均でみると。数量ベース(新指標)が60.1%(伸び幅+3.7%)、薬剤料ベースが14.2%+0.8%)、後発医薬品調剤率が63.1%+2.3%)であった。

  内服薬の処方せん1枚当たり薬剤料の伸び率は+9.8%となっており、この伸び率を「処方せん1枚当たり薬剤種類数の伸び率」、「1種類当たり投薬日数の伸び率」、「1種類1日当たり薬剤料の伸び率」に分解すると、各々▲0.8%+1.9%、+8.6%であった。

  平成27年度の調剤医療費を処方せん発行元医療機関別にみると、医科では病院が32,954億円、診療所が44,983億円であり、平成27年度末の後発医薬品割合は、数量ベース(新指標)で、病院が63.1%(伸び幅+4.7%)、診療所が63.1%(+4.4%)であった。また制度別でみた場合、最も高かったのは公費の67.9%(+5.0%)であった。

  平成27年度末の後発医薬品割合を、数量ベース(新指標)の算出対象となる医薬品について、薬効大分類別にみると、薬効大分類別の構成割合が最も大きい消化器官用薬は76.3%、次いで大きい循環器官用薬は63.6%であった。

 

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000136492_1.html
2016/09/14(水) 17:03

27年度医療費は41.5兆円 厚生労働省が27年度医療費の動向公表

厚生労働省は、913日、「平成27年度医療費の動向」を公表しました。

厚生労働省では、医療費の動向を迅速に把握するために、医療機関からの診療情報の請求に基づいて、医療保険・公費負担医療分の医療費を集計し、毎月、「最近の医療費の動向」として公表しています。

このたび、平成27年度分の集計結果がまとまったため、「平成27年度医療費の動向」として公表したものです。

本資料における医療費は速報値であり、労災・全額自費等の費用を含まないことから概算医療費と呼称しています。概算医療費は、医療機関等を受診し傷病の治療に要した費用全体の推計値である国民医療費の約98%に相当しています。

【調査結果のポイント】

平成27年度の医療費は41.5兆円となり、前年度に比べて約1.5兆円の増加となった。

医療費の内訳を診療種類別にみると、入院16.4兆円(構成割合39.5%)、入院外14.2兆円(34.3%)、歯科2.8兆円(6.8%)、調剤7.9兆円(19.0%)となっている。

  医療費の伸び率は3.8%、診療種類別にみると、入院1.9%、入院外3.3%、歯科1.4%、調剤9.4%となっている。

  1日当たり医療費の伸び率は3.6%、診療種類別にみると、入院2.0%、入院外3.2%、歯科1.2%、調剤7.3%となっている。

  医療機関を受診した延患者数に相当する受診延日数の伸び率は0.2%、診療種類別にみると、入院▲0.0%、入院外0.2%、歯科0.2%となっている。

最近5年間の医療費と伸び率をみると、23年度が37.8兆円(3.1%)、24年度が38.4兆円(1.7%)、25年度が39.3兆円(2.2%)、26年度が40.0兆円(1.8%)、27年度41.5兆円(3.8%)です。

 

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000136499.html

2016/09/14(水) 16:21

第31回管理栄養士国家試験 来年3月19日に施行

厚生労働省は、912日、第31回管理栄養士国家試験を平成29319日(日曜日)に施行することを発表しました。

31回管理栄養士国家試験:試験地は北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、岡山県、福岡県及び沖縄県で、合格発表は59日午後2時。

 

http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/kanrieiyoushi/index.html

2016/09/12(月) 17:08

アステラス製薬が高規格救急自動車を寄贈 3消防署に

アステラス製薬は、本年も99日の「救急の日」に全国の自治体を対象に高規格救急自動車3台を寄贈します。

アステラス製薬は、社会貢献活動の一環として、各地域における救急業務の高度化、救急業務体制の更なる充実に貢献するため、各自治体の消防機関に対する救急自動車寄贈を1970年より続けています。今年寄贈する3台を合わせると、この46年間の累計寄贈台数は237台となりました。

近年、都市部における医療の専門化・集約化の進展により、患者の搬送距離及び搬送時間が延びています。そのため、搬送中の処置がより重要になり、救命救急士が搭乗する高規格救急自動車の必要性が高まっています。

このような背景より、2008年度以降は全て高規格救急自動車を寄贈しています。

 

https://www.astellas.com/jp/index.html

2016/09/08(木) 15:36

高校生をメインに市民公開講座を開催 日本薬学会近畿支部が10月29日に大阪で

日本薬学会近畿支部は、毎年2回市民公開講座を開催していますが、本年度は初めて高校生を主な対象に「薬科学って、なんやねん?」をテーマとした公開講座を10月29日13:30~15:30に大阪市中央区・薬業年金会館で開催します。

最近、薬剤師に対する関心が高く、ニュースに登場する機会も少なくありませんが、薬学部と言えば薬剤師養成だけではなく、研究者を育てる四年制の学科もあります。今回は関西にある薬学部を代表する若手の教授・准教授がパネリストとして各自の研究や大学を紹介し、参加者からの疑問に答えます。入試のこと、学生生活のこと、研究のこと、就職のこと、何でも質問できます。

パネリストは立命館大学薬学部鈴木健二教授、武庫川女子大学薬学部木下健司教授、近畿大学薬学部鈴木茂生教授、京都大学大学院薬学研究科加藤博章教授、大阪大学大学院薬学研究科岡田直貴准教授です。

定員120(先着順)で参加費不要。参加申し込みは1014日までに、パソコンあるいはスマホで日本薬学会近畿支部サイトにアクセスし、「お問い合わせ・参加申込フォーム」に、氏名、学年、メールアドレス、尋ねてみたい疑問を入力の上、送信のこと。追って受講票がメールで送られます。

会場の薬業年金会館は大阪市営地下鉄谷町線「谷町六丁目」駅下車、4番出口隣です。

参加申込ページ:http://shibu.pharm.or.jp/kinki/

申込先:〒6068501 京都市左京区吉田下阿達町 京都大学薬学部内 日本薬学会近畿支部

E-Mailykinki@pharm.kyoto-u.ac.jp

TEL0757617849

 

 

2016/09/01(木) 14:40

来年の医療関係等国家試験を発表 厚生労働省

厚生労働省は、91日、来年の医療関係等国家試験の施行を発表しました。

○第69回診療放射線技師国家試験:平成29223日(木曜日)に北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、香川県及び福岡県で施行。合格発表は329日(水曜日)午後2時。

○第63回臨床検査技師国家試験:平成29222日(木曜日)に北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県で施行。合格発表は329日(水曜日)午後2時。

○第52回理学療法士国家試験:平成29226日(日曜日)に筆記試験を北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県及び沖縄県で、227日(月曜日)に口述試験及び実技試験を東京都で施行。合格発表は329日(水曜日)午後2時。

○第52回作業療法士国家試験:平成29226日(日曜日)に筆記試験を北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県及び沖縄県で、227日(月曜日)に口述試験及び実技試験を東京都で施行。合格発表は329日(水曜日)午後2時。

○第47回視能訓練士国家試験:平成29223日(木曜日)に東京都及び大阪府で施行。合格発表は329日(水曜日)午後2時。

○第30回臨床工学技士国家試験:平成2935日(日曜日)に北海道、東京都、大阪府及び福岡県で施行。合格発表は328日(火曜日)午後2時。

○第30回義肢装具士国家試験:平成29224日(金曜日)に東京都で施行。合格発表は328日(火曜日)午後2時。

○第26回歯科衛生士国家試験:平成2935日(日曜日)に北海道、宮城県、千葉県、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県で施行。合格発表は328日(火曜日)午後2時。

○歯科技工士国家試験:平成29219日(日曜日)に北海道、宮城県、東京都、大阪府及び福岡県で施行。合格発表は328日(火曜日)午後2時。

○第25回あん摩マッサージ指圧師国家試験:平成29225日(土曜日)に晴眼者は宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、鹿児島県、視覚障害者は各都道府県で施行。合格発表は328日(火曜日)午後2時。

○第25回はり師国家試験:平成29226日(日曜日)に晴眼者は北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県、沖縄県、視覚障害者は各都道府県で施行。合格発表は328日(火曜日)午後2時。

○第25回きゅう師国家試験:平成29226日(日曜日)に晴眼者は北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県、沖縄県、視覚障害者は各都道府県で施行。合格発表は328日(火曜日)午後2時。

○第25回柔道整復師国家試験:平成2935日(日曜日)に北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県で施行。合格発表は328日(火曜日)午後2時。

○第19回言語聴覚士国家試験:平成29218日(土曜日)に北海道、東京都、愛知県、大阪府、広島県及び福岡県で施行。合格発表は328日(火曜日)午後2時。

2016/09/01(木) 12:32

第102回薬剤師国家試験 来年2月25,26日に施行

厚生労働省は、826日、第102回薬剤師国家試験を平成28225日(土曜日)及び26日(日曜日)に施行することを発表しました。

試験地は北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、徳島県及び福岡県で、試験科目は、必須問題試験と一般問題試験(薬学理論問題試験と薬学実践問題試験)で、物理・化学・生物、衛生、薬理、薬剤、病態・薬物治療、法規・制度・倫理、実務が行われます。

合格発表は平成29328日午後2時に厚生労働省本省並びに地方厚生局及び地方厚生支局で行われます。

 

http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/yakuzaishi/

2016/08/26(金) 14:52

肺高血圧症に関する情報サイトを開設 日本新薬

日本新薬は、816日、肺高血圧症に関する情報サイト「肺高血圧症治療サポート」(http://pah-support.jp)を開設しました。日本新薬がこれまで展開してきた疾患啓発活動の一環として開設したものです。

肺高血圧症とは、様々な要因により肺血管内の圧力が上昇し、症状が進行するとわずかな動作によっても疲労を伴う難治性の疾患で、早期発見と早期の治療開始が患者さんの予後を改善すると言われています。

「肺高血圧症治療サポート」は、肺高血圧症の患者さんやご家族の皆さんが普段の生活で気をつけることなど、日常生活に役立つコンテンツが揃っています。また、肺高血圧症の病態やその治療などについて、専門医師が分かりやすく紹介しています。

日本新薬は、肺高血圧症に対する社会的認知度の向上と、患者さんの治療環境の改善を目指した活動を通じて、人々の健康と豊かな生活創りに貢献していきたいと考えています。

<主なコンテンツ>

・肺高血圧症を調べよう:肺高血圧症は、体の中にどのような変化を起こす病気で、どのような検査によって診断されるのか、典型的な自覚症状を交えて紹介します。

・肺高血圧症の治療を知ろう:肺高血圧症と診断される場合に推奨される治療方法、治療薬の選択、薬剤以外の治療方法について紹介します。

・みんなで支え合おう:肺高血圧症の患者さんが普段の生活の中で気をつけることの代表例、医療費と制度について紹介します。専門医からのメッセージも掲載していきます。

 

http://www.nippon-shinyaku.co.jp/

2016/08/17(水) 17:43

現代人の目の悩みを小噺・落語で説く「立川らく朝のアイケア噺」を公開 参天製薬

参天製薬は、816日より、目のメカニズムやアイケアの重要性について小噺と落語で楽しく、分かりやすく紹介する動画を「参天製薬 立川らく朝のアイケア噺」サイト(http://eye-rakugo.jp/)及びYouTubeチャンネル「参天製薬 立川らく朝のアイケア噺」(https://www.youtube.com/channel/UCM9oPYv_rXDXT80f-iqI8vA)で公開しました。

「スマホ老眼」や「ブルーライトダメージ」など現代人の目の悩みを異才の落語家が小噺・落語で説く本動画は、杏林大学医学部卒で医学博士であり、落語家でもある立川らく朝師匠が登場し、3本の小噺と落語動画で、目の構造や目の疲れ・乾きの原因、ケア方法などについて、落語家ならではの笑いをまじえて楽しく、分かりやすく解説します。

デジタル機器の普及や不規則な生活などにより、私たちの目にはさまざまなストレスがかかっています。しかし、目のトラブルを感じているにも関わらず、アイケアをしていない人が多くいることを背景に、参天製薬では本動画を通してアイケアに対する知識と意識向上を図り、一般生活者の目の健康維持をサポートしていきます。

内容:参天製薬 立川らく朝のアイケア噺

「その一 ひとみのフシギ」(640秒)

   「その二 見過ごさないで。目の渇き」(63秒)

   「その三 疲れ目に注目!」(558秒)

 

http://www.santen.co.jp/ja/

2016/08/17(水) 17:01

大人のADHD啓発活動スタート 日本イーライリリー

日本イーライリリーは、85日、大人のADHD啓発活動のスタートを発表しました。

発達障害当事者が主体となり支援活動を行うNPO法人DDAC(発達障害をもつ大人の会)、ADHD(注意欠如・多動症)等の発達障害への理解と支援のために活動するNPO法人えじそんくらぶとの共催で、成人期ADHD啓発活動「Know Yourself,Know ADHD~すべては、自分の特性を知ることから~」をイベント、ウェブサイトなどを通じて展開します。

ADHDの認知は広がりつつありますが、「大人のADHD」に対する理解は、まだまだ不十分と言えます。ADHDの主な症状である不注意・多動性・衝動性は、一見すると誰もが思い当たることがあるが故に、ご本人も周囲の人もその困り感がADHDから来るものとは気づかず、性格や努力不足であると誤解され、様々なトラブルに悩まされるケースが少なくありません。

このような背景から、ご家族や周囲の方々を含め、ADHDのことを正しく理解することはもちろん、当事者自身が各々の特性を理解し、それを活かせるような社会であれば希望を持って生活できると考え、本啓発活動を実施することにしました。

また、本啓発活動のサポーターとして、経済評論家の勝間和代氏、書道家の武田双雲氏を起用し、大人のADHD当事者やそのご家族等を含む一般の方々に、大人のADHDについて広く理解いただくことを目指します。

【成人期ADHD啓発活動概要】

1. 当事者団体、支援団体との共催によるワークショップ開催

2. 「勝間塾」とのコラボレーションイベント実施

3. ADHD啓発ウェブサイト「大人のためのADHD.co.jp」のコンテンツ拡充

なお、上記ワークショップ等の開催の詳細については、今後、上記ウェブサイトで案内します。詳細はhttp://adhd.co.jp/otpma/で。

 

https://www.lilly.co.jp/

2016/08/08(月) 16:40