1日の適正な飲酒量って?

こんにちは!

管理栄養士の山内です。

今年は災害の多い年ですね・・・。

災害で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたしますとともに

怪我をされた方の1日も早い回復と地域の1日も早い復興を

願っております。

復興支援の寄付がインターネットからクリック1つで簡単に

出来る時代!何でも便利に、手軽になっていきますね。

 

 

さて、本題に入ります。

今日のテーマは「1日の適正な飲酒量って?」です。

ニュースでも飲酒の話題が多いように思います。

 

みなさんは1日の適正な飲酒量をご存知でしょうか。

1日の適正純アルコール摂取量は20gです。

実際のお酒に入っている量に置き換えてみます。

 

ビール中瓶1本(500ml)                アルコール度数5%

ワイン1/3本弱(200ml)        アルコール度数12%

日本酒1合弱(170ml)           アルコール度数15%

焼酎1/2合弱(80ml)         アルコール度数35%

ウィスキーダブル(60ml)              アルコール度数43%

 

上に書いたものの内どれか1つで1日の適正量です。

つまり、ビール中瓶1本飲んで、日本酒1合弱を飲むと

それで1日分の適正量の倍量を飲んでいることになります。

 

お酒の種類によっては様々なアルコール度数のものがあるため

ここで計算式もご紹介します。

お酒の量(ml)×アルコール度数/100×アルコール比重

=純アルコール(g)

(アルコールの比重は0.8で計算)

例)アルコール度数18%の日本酒を1合(180ml)飲むと

どれくらいの純アルコールを摂る事になるか計算してみます。

18%は0.18にして計算するため

180(ml)×0.18×0.8=25.9

となるため、純アルコール量は約26gとなります。

1日の適正量を超えていますね。

 

お酒を飲める方からすると衝撃的に少ない量かと思います。

かく言う私もお酒好きなので、飲みに出てビール1杯で

終わることはまずありません・・・(;一_一)

写真の日は日本酒3種飲み比べに惹かれついつい・・・。

ただ、休肝日を作って肝臓を労わるようにしています。

 

アルコールは肝臓で代謝されることを知っている方は多い

と思いますが、実は食べたものを吸収されやすい形に変える

役割もあります。

そのため、食べ物+アルコールの代謝となると肝臓への負担が

多くなってしまいます。

 

お酒は嗜好品であるため、休肝日を作るのは難しいという方も

非常に多いです。人の嗜好も寄付の話と同じようにクリック

1つで変われば良いのですが・・・。

それは難しい話ですので、1杯だけでも減らしてみたり

1日だけ缶ビール1本の日を作ってみたりとご自身の

やりやすい方法でまずは今よりも減らし、日々頑張っている

肝臓を労ってあげてください!

 

ちなみに、

お酒を飲んだ時はチェイサー(水)をお酒を飲んだ後でも

良いのでたくさん摂るようにすると二日酔いを軽減することが

できるため、試してみてください!

 

防災対策~食料編~

こんにちは!

管理栄養士の山内です。

酷暑が続いていますが皆さんは暑さに負けず

過ごされていますか?

写真は先日撮った空の写真です。

夏!と感じる雲でした。

 

避難所での生活が続いている方にとっては

厳しい環境が続いているかと思います。

避難所には全国から物資が届いたり、持って来てくれたりと

たくさん食料が集まるところもあるかもしれません。

 

糖尿病の方はその物資の中でも何を食べれば

良いか迷う方もいらっしゃるかと思います。

例えば、朝はおにぎりか菓子パン、インスタント麺と

炭水化物ばかりの生活が続くおそれや低血糖が

起こる可能性も考えられます。

 

日頃から食物繊維の多い食品(水で戻る、ワカメは便利!)

であったり、低血糖対策用のブドウ糖を備蓄しておくことで

安心できるかと思います。

 

ただ、備蓄がない場合は

・ゆっくり、少量ずつ食べる

・低血糖になった場合は糖分の多い飲み物を飲む

といった対策が取れます。

ゆっくり少しずつ食べることで血糖値の上昇を緩やかに

することができます。

また、低血糖対策として、飲み物ラベルの原材料欄先頭に

「果糖ブドウ糖液糖」という材料が使われている飲み物は

比較的低血糖からの回復が早いです。

ただ、その分取りすぎると血糖値の急上昇を招くため

低血糖のときだけにしておくことを忘れずに!

 

配布される食料の中には比較的炭水化物の少ないものも

あるかもしれませんので、その場合は高炭水化物のものばかり

ではなく、低炭水化物のものも織り交ぜて食べるようにしましょう。

 

そして、避難所に医療関係者が来たときには必ず診てもらう

ようにしましょう。

ここ数か月の地震や大雨を経験しているといつ自分も被災

するかわかりません。

現在、被災されている地域の1日も早い復興を願いつつ

いつ起こるかわからない自然災害に備えましょう。

防災対策~水分編~

こんにちは。

管理栄養士の山内です。

西日本の豪雨による被害が日に日に明るみになってきました。

今朝のニュースを見ていると「昔来た大雨は玄関までしか水が

来なかったから、今回も同じくらいかと油断していた」と

おっしゃっている被災者の方がおられました。

「油断」

先月の地震でも「自分が被災者になるとは思わなかった」と

話している友人がいました。

このような自然災害が起こると、そのために備えようと思う

反面、この辺りは大丈夫、と考えているように思います。

この「油断」が自分の命を危険にさらす可能性があります。

まずは安全な場所に逃げる事が大切ですが、避難先での

生活を考えると水と食料がとても重要になります。

特に水です。

みなさんは1日にどれくらいの水分を摂るでしょうか?

基本的には体重(kg)×30mlが1日に必要な水分量です。

例えば体重が60kgの方であると

60×30ml=1800ml/日 となります。

この中にはカフェインの多いコーヒーや紅茶、緑茶などは

含まれません。もちろん、この時期に美味しいビールや

日本酒は水分補給にはなりません!

利尿作用の少ない飲み物が水分補給には適しています。

例えば水や麦茶、ほうじ茶がそれにあたります。

この計算は1日に飲む水分量のみです。

備蓄用に置いておくためには飲料+調理と生活用水を

合わせて1人1日6ℓは必要となるそうです。

飲料用とレトルト食品を作るための水や赤ちゃんのいる

家庭は調乳用、ペット用が必要になるご家庭もあるでしょう。

さらには、歯磨きやトイレ、体を拭くといったことに使用する

水も必要です。

 

~備えあれば憂いなし~

まずは水の備蓄から始めてみてください。

次回、私のブログは食料編をお伝えします!

 

スポーツ観戦

こんにちは!

管理栄養士の山内です。

暑くなってきましたね!

これから夏本番にも関わらず、この暑さ・・・。

夏を乗り切れるか心配です。

 

スポーツ観戦に良い時期は少しすぎてしまいましたが、

私は今年すでに6試合、甲子園に野球を観に行っています。

スポーツ観戦時に管理栄養士として気になることがあります。

それは・・・。

野菜です!!!

ビールのつまみには最高な唐揚げやフライドポテト

ピザや揚げ物ののったカレーなどが中心・・・。

お店に行っても野菜の売っているところは皆無(;一_一)

 

きゅうりの1本漬(食塩は多い!)や近所のスーパーで

売っているスティック状になった野菜を買って行くことが

多いです。

たまにしか観戦に行かない方であれば、スポーツ観戦時の

食事以外の残り2食で野菜を多めに取るのも1つですね!

 

夏にスポーツを観戦するときはミネラルが汗とともに流れて

いくので、なるべく野菜も思い出して食べてあげてください!

長い休みの食事

管理栄養士の山内です。

先月から2年目の管理栄養士である田中さんがブログを一緒に
書いてくれることになりましたのでよろしくお願いします(#^.^#)

さて、みなさまはゴールデンウィークはどのように過ごされていますか?
いつものお休みではいけない、遠いところに行かれる方も
いらっしゃるかと思います。

その土地の美味しいものに出会えるまたとない
チャンスです!
栄養相談の際に、「今度旅行に行く」という言葉の後に
「いつもより多く食べても良い?」と聞かれます。

私の答えは・・・

「いいですよ!楽しんできてください!」です。
ただし、食べることと食べる速さはゆっくりにすることを
忘れないようにと約束してもらいます。

旅行から帰って来た後に、食事量を減らす方も
いらっしゃいます。
しかし、極端に減らすとその後の反動でドカ食いに
なりやすいため通常の食事量にすることをオススメ
しています。

糖尿病などの疾患をお持ちの方は管理栄養士や
薬剤師にご相談ください。

さて、私は明日からお休みをいただいていますので
このブログに書いたことを肝に銘じて出かけてきます!

猛威に・・・

こんにちは!管理栄養士の山内です。

久しぶりの投稿となってしまいました。

 

1月末は今年は大流行と言われているインフルエンザにかかってしまいました。

最初は風邪かと思っていましたが

「この表現、インフルエンザのニュースで言ってたな」と思っていたら

インフルエンザB型・・・。

 

みなさんはご体調大丈夫でしょうか?

今日は免疫力を上げる方法についてお伝えします。

免疫力を上げる方法は何個もありますが、今日はその1つ

体温を上げる食材の特徴についてお伝えします。

 

薬膳の考え方として、五性(ごしょう)というものがあります。

五性とは、寒・涼・平・温・熱の5種類の性質の事です。

冬に旬を迎える農作物は主に身体を温める作用があります。

カブやネギ、菜の花があてはまります。

また、寒い地域で作られる農作物も身体を温める性質のものが多いです。

調味料や飲み物は、発酵しているものや色の濃いものが身体を温める性質があります。

例えば砂糖であれば、上白糖よりも黒糖の方が身体を温めてくれます。

 

買い物や料理をするときの参考にしてみてください!

 

※注1:資料によって分類が変わるものもあります。

  注2:ほてりを感じている方は控えめにしましょう。

 

 

 

新年明けましておめでとうございます!

本年もよろしくお願い致します。

正月太りはなく、過ごせましたでしょうか。

 

今年もみなさんの健康に少しでも役に立つ情報を載せて

いきますのでよろしくお願いします。

 

七草粥は食べましたか?

1月7日は五節句の1つ人日(じんじつ)の節句でした。

1年の無病息災と五穀豊穣を祈願して七種の菜を食べるという

中国の風習に由来しているそうです。

 

せり

なずな(ぺんぺん草)

おぎょう

はこべら

ほとけのざ

すずな(カブ)

すずしろ(大根)

これぞ七草

 

なずなは小さい頃に遊んだことがある方もいるであろう

ぺんぺん草

知った時には驚きでした!

ちなみに、熱を下げる作用があるそうです。

お正月に贅沢をした胃を休めるためにとも言われていますが、

カブや大根には消化を促す作用があります。

もちろん、お粥そのものも消化の負担が少ない食べ物です!

 

最近はリゾットにする方もいるようです。

オシャレですね・・・

来年は粥ではなく、アレンジしてみようと目論んでいます。

 

今日から仕事始めの方も多いのではないでしょうか。

新年会が続くという方は胃に優しいものも食べて

いたわってあげましょう!

 

正月太りをしないために

こんにちは!管理栄養士の山内です!

ホームページのリニューアルに伴い、管理栄養士のブログも

スタートしました(^_^)/

食に関する情報を中心にお伝えしていきます!

 

2017年も残りわずかとなりました。

この時期、管理栄養士はだいたい同じことを言います。

「年末年始、食べ過ぎないように!」

食べ過ぎないようにと言われても、目の前においしそうな

食べ物が並ぶと食べてしまいますよね・・・。

もちろんその分、運動をして消費することが1番ですがそれも

難しいという方も多いかと思います。

 

余分に脂肪をつけないためには、適量を知ることが大切です。

一番よく食べる食材はもちではないでしょうか。

丸もちは2.5個(1個40g)が茶碗1杯分のご飯(コンビニ

おにぎり1.5個分)と同じくらいのエネルギー量です。

つまり・・・

女性は1食に丸もち2~2.5個まで!男性は3~3.5個まで!

お雑煮で食べて、焼いて食べて、おやつに食べて・・・

としていると、どんどん身体に蓄えが増えていきます(@_@;)

 

もう少し食べたい場合は、別日で減らしましょう!

3日くらいで調整することが理想的です。

対処方法を知って身になる前に食い止めましょう!

 

お正月明けに「正月太りが戻らない・・・」

 

なんて後悔しないよう、年末年始をお過ごしください(*^_^*)