育星会

調剤薬局のサービス

MEDICATION NOTEBOOK
お薬手帳について

お薬手帳があれば、いつ、どこで、どんな薬を処方されたか、すぐに分かります。

今、あなたはどんな薬を飲んでいますか?高血圧のお薬、コレステロールを下げるお薬、痛み止めのお薬、湿布薬など、人によって処方してもらう薬はさまざまです。それらをひとつひとつ覚えておくのは、なかなか難しいかも知れません。

でも、例えば旅行に行っているとき、突然具合が悪くなってしまったとします。そこで救急病院に行き、「今、どんなお薬を飲んでいますか?」と質問されました。さてあなたは今、どんなお薬を飲んでいるか、正確に説明することはできますか?

そんなときに役に立つのが、お薬手帳です。お薬手帳には、いつ、どこで、どんなお薬を処方されたのかを記録しているので、あなたに代わって医師や薬剤師に正確に伝えることができます。

お薬手帳には、こんな「便利」があります。

  1. 1.飲み合わせやお薬の重複をチェックする手がかりになります。

    内科と整形外科などのように、複数の医療機関でお薬をもらっている場合、内科からどんなお薬をもらっているか、整形外科の医師は分かりません。逆に、整形外科からどんなお薬をもらっているか、内科の医師は分かりません。

    そんなときにお薬手帳があれば、内科・整形外科それぞれからどんなお薬が処方されているかを確認でき、飲み合わせのよくないお薬や重複するお薬の処方を避けることができます。

  2. 2.お薬を飲んで気付いたことをメモすることができ、医師や薬剤師に的確に情報を伝えることができます。

    お薬手帳には今、処方されているお薬の名前や量、日数、使い方などが記録されています。それ以外にも、副作用歴、アレルギーの有無、過去にかかった病気などもメモすることができます。

    これにより、医師や薬剤師に、体に合わないお薬の処方を避けてもらう「伝言板」にすることができます。

    もちろん、今飲んでいるお薬が原因と思われる体調の変化や気になったこと、医師や薬剤師に相談したいことを書き留めておくこともできます。

  3. 3.別の薬局でもらったお薬手帳でも大丈夫。手帳は1冊にまとめましょう。

    別の薬局でもらったお薬手帳でも構いません。1冊にまとめることで、お薬の重複や副作用のチェックに大いに役立ちます。

DETAILS
明細について

薬局でお薬をもらった時に、こんなことを思ったことはありませんか?

「同じお薬なのに、A薬局とB薬局ではお薬代が違うなあ・・・」
「いつも貰っているお薬なのに、今日は微妙にお薬代が違うなあ・・・」

こんな時は、お薬の明細表を見てみましょう。

調剤薬局で発行された明細表には調剤技術料や薬学指導料など様々な項目と、それに伴う点数が書かれています。
この点数は「調剤報酬点数」といい、1点=10円として厚生労働省によってそれぞれ定められています。

『薬剤料』や『特定保険医療材料費』は、厚生労働大臣が定めた点数をもとに算定しているため、どこの薬局であっても料金が変わることはありません。

では、薬局ごとにお薬代が変わるのはどうしてなのでしょうか。

ナゾ1.『調剤技術料(調剤基本料、調剤料)』
「調剤基本料」は、その名の通り基本料金のようなもので、受付1回につき点数が算定されます。また、充分に医薬品を備蓄している、24時間対応などの施設基準を満たしている薬局では、加算料が含まれています。
「調剤料」は、薬を調剤する際の技術料で、薬の種類や処方日数などによって異なります。また、錠剤を粉状にしたり、1度に飲む薬を分かりやすく袋にまとめたりする作業(一包化)などにより加算されることがあります。
ナゾ2.『薬学管理料』
薬剤師が患者さんの服薬情報を管理し、指導した場合などに算定されます。
また、お薬手帳を持参したかによって点数が変わる、「薬剤服用歴管理指導料」も含まれています。お薬手帳を毎回薬局に持参することで、より正確で安全な服薬指導が出来るだけでなく、患者さんの負担額を減らすことも出来ます。
お薬手帳のアプリも活用できるので、持参忘れを防いで医療費を抑えましょう。

少しでも負担額を抑えたい・・・その理由からお薬代の安い薬局を選んでいる方もいるかもしれません。
しかし、"お薬代の差=薬局のサービスの差"といっても過言ではないでしょう。
薬剤師は、医師の処方せん通りに調剤すればいい訳ではありません。患者さんの残薬を確認してお薬のムダを減らすことや、患者さんの病状や服用歴によって、医師に連絡して正しい処方であるか確認することもあります。私たちは、万全な状態で安心してお薬を患者さんに提供するために日々取り組んでいます。

その他、調剤報酬点数については「調剤報酬点数表」をご覧ください。

GENERIC
ジェネリック医薬品

カイセイ薬局では、ジェネリック医薬品をおすすめしています

カイセイ薬局では、患者さまの医療費個人負担を軽減して、国の医療保険制度維持にも役立つジェネリック医薬品の普及に積極的に取り組んでいます。

Qジェネリック医薬品とは何ですか?
Answer

新薬の特許期間終了後に製造・販売される、化学的に同じ成分の医薬品のことです。

新薬を開発するためには、薬によって異なりますが、10数年もの長い年月と数百億もの開発費用が掛かります。そのため、先発医薬品(新薬)を開発した製薬会社は、特許・再審査によってその権利と利益が守られています。具体的には、開発してから特許権の存続期間満了(原則20年、最大25年)までは、独占的に製造・販売することができます。しかし、この期間を過ぎると、開発した製薬会社の財産ではなくなり、「国民全体の財産」と考えられるようになります。
ジェネリック医薬品は、正式には後発医薬品と呼ばれ、特許存続期間が満了した先発医薬品と同じ有効成分を使って作られた医薬品のことを指します。原則的に先発医薬品と同じ有効成分なので、効能効果、用法用量も同じです。

Qジェネリック医薬品はなぜ安いのですか?
Answer

ジェネリック医薬品は、先発医薬品の長年にわたる有効性や安全性等を踏まえて開発・製造されるため、先発医薬品で行われた毒性試験や薬理試験、臨床試験等の実施の必要はありません。このため、3~4年の開発期間と約1億円程度の開発費で済むため、薬価が低く設定されています。
逆に、ジェネリック医薬品は、その開発費用を製剤化の研究に集中できるため、先発医薬品の製剤に改良を加え、錠剤の小型化や苦みの軽減など、付加価値を持つ製剤を作り出すこともできます。

Qジェネリック医薬品は先発医薬品と全く同じですか?
Answer

有効成分や分量、用法用量、効能および効果は同じです。同じ成分や分量であっても、大きさや味、においなどは変更されている場合もありますので、先発医薬品と全て同じというわけではありません。

ジェネリック医薬品に用いられる添加剤については、先発医薬品と同じ添加剤を使用することが要求されているわけではありません。したがって、添加剤については異なる場合があります。先発医薬品と異なる添加剤を使用する場合であっても、投与量で薬効を発揮したり、有効成分の治療効果を妨げたりする物質を添加剤として使用することはできません。仮に使用前例がない添加剤を使用する場合には、その添加剤の毒性試験などを実施して、改めて安全性等の審査を受けなければなりません。
添加剤の成分や配合量が先発医薬品と異なっていても、生物学的同等性試験という試験を実施し、先発医薬品と有効性や安全性に差がないことを確認しています。

Qジェネリック医薬品にはどんな工夫がされているのですか?
Answer

ジェネリック医薬品の中には、先発医薬品と色や形が違うものもあります。これは、製造技術の進歩や、製薬会社の製剤開発の工夫などにより、より飲みやすく改良することがあるためです。たとえば、飲みやすいように大きな錠剤を小さくしたり、水なしのでも飲める錠剤(OD錠)にしたり、コーティングによって苦みを少なくしたりしたものがあります。また、飲み間違いを防ぐために、薬のシートを分かりやすく表示したものもあります。

Qジェネリック医薬品はどれぐらい普及しているのですか?
Answer

日本でのジェネリック医薬品の使用率は年々伸びていますが、2014年度で52%となっています。世界的には、2014年の数量ベースでアメリカ92%、ドイツ83%、イギリス73%、フランス64%となっています。

Qジェネリック医薬品は本当に安全ですか?
Answer

ジェネリック医薬品が新薬に比べて低く設定されているのは、新薬の有効成分の研究開発と特許取得にかかったコストを払う必要がないからで、安全性が低いからではありません。ジェネリック医薬品の有効成分は、新薬の特許期間中に有効性や安全性が十分に確認されています。また、「医薬品、医療機器等の品質、有効性および安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器法)」に基づいて、厳しい規制や基準を守って製造されます。さらに厚生労働省の厳しい審査をクリアし、新薬と同等の効果・安全性、品質であることが確認されて初めて製造されます。安心して服用して下さい。

Qなぜ「ジェネリック」と呼ばれるのですか?
Answer

ジェネリック医薬品の「ジェネリック(generic)」とは、英語で「一般的な」という意味です。ジェネリック医薬品の普及率が高い欧米では、お医者さんが薬を処方する際に、商品名ではなく一般名(generic name)を記載するケースが多く、後発医薬品を「generics:ジェネリック医薬品」と呼んでいます。それが世界共通の呼称となり、日本でも「ジェネリック医薬品」と呼ぶようになりました。

Qジェネリック医薬品を選ぶメリットはありますか?
Answer

超高齢社会を迎え、増え続ける医療費が国家財政を圧迫しています。医療の質を落とさずに医療費を削減する1つの方法として、ジェネリック医薬品の使用が推進されています。
ジェネリック医薬品が普及すると、医療保険財政の改善(医療費の抑制)や健康保険料負担増の抑制はもちろん、患者さまの自己負担の軽減にもつながります。

TOP