新年明けましておめでとうございます!

本年もよろしくお願い致します。

正月太りはなく、過ごせましたでしょうか。

 

今年もみなさんの健康に少しでも役に立つ情報を載せて

いきますのでよろしくお願いします。

 

七草粥は食べましたか?

1月7日は五節句の1つ人日の節句でした。

1年の無病息災と五穀豊穣を祈願して七種の菜を食べるという

中国の風習に由来しているそうです。

 

せり

なずな(ぺんぺん草)

おぎょう

はこべら

ほとけのざ

すずな(カブ)

すずしろ(大根)

これぞ七草

 

なずなは小さい頃に遊んだことがある方もいるであろう

ぺんぺん草

知った時には驚きでした!

ちなみに、熱を下げる作用があるそうです。

お正月に贅沢をした胃を休めるためにとも言われていますが、

カブや大根には消化を促す作用があります。

もちろん、お粥そのものも消化の負担が少ない食べ物です!

 

最近はリゾットにする方もいるようです。

オシャレですね・・・

来年は粥ではなく、アレンジしてみようと目論んでいます。

 

今日から仕事始めの方も多いのではないでしょうか。

新年会が続くという方は胃に優しいものも食べて

いたわってあげましょう!

 

正月太りをしないために

こんにちは!管理栄養士の山内です!

ホームページのリニューアルに伴い、管理栄養士のブログも

スタートしました(^_^)/

食に関する情報を中心にお伝えしていきます!

 

2017年も残りわずかとなりました。

この時期、管理栄養士はだいたい同じことを言います。

「年末年始、食べ過ぎないように!」

食べ過ぎないようにと言われても、目の前においしそうな

食べ物が並ぶと食べてしまいますよね・・・。

もちろんその分、運動をして消費することが1番ですがそれも

難しいという方も多いかと思います。

 

余分に脂肪をつけないためには、適量を知ることが大切です。

一番よく食べる食材はもちではないでしょうか。

丸もちは2.5個(1個40g)が茶碗1杯分のご飯(コンビニ

おにぎり1.5個分)と同じくらいのエネルギー量です。

つまり・・・

女性は1食に丸もち2~2.5個まで!男性は3~3.5個まで!

お雑煮で食べて、焼いて食べて、おやつに食べて・・・

としていると、どんどん身体に蓄えが増えていきます(@_@;)

 

もう少し食べたい場合は、別日で減らしましょう!

3日くらいで調整することが理想的です。

対処方法を知って身になる前に食い止めましょう!

 

お正月明けに「正月太りが戻らない・・・」

 

なんて後悔しないよう、年末年始をお過ごしください(*^_^*)