kataoka's blog

リスク管理

暑い!!!

だるい!!!

夏ですね...

うちの子供達はもう夏休み突入。
昨日は久しぶりにプールへ
私も子供と一緒にウォタースライダーも体験しましたが...
なかなかのスピードと怖さで1回でギブアップしてしまいました。
もちろん子供達は何回も。

今日も朝から、ラジオ体操に走っていっていました。
子供に元気を分けてもらっています。
ちょっと暑苦しいとき、ありますけどね(笑)


さて、今回は『リスク管理』
これはどんな仕事にもつきもの。
ケガや事故を防ぐために重要な仕事です。

最近では自動車分野で
『ぶつからない車』などもよく耳にします。

調剤薬局でも同じです。
薬を間違えたりしないようにいろいろな工夫や仕組みを
考えて、リスクを減らそうと努力しています。

しかし、扱うのは人です。
ぶつからない車があれば、ぶつからないといって、スピードを出しすぎるかもしれないし
間違うはずがないシステムがあれば、チェックしなくてもいいといって、システムの抜け穴に気づけないかもしれない

過信や油断によって様々なケガや事故がおきているのが現状です。

どんなに良い機械や仕組みが作られても、最終的には人がそこに存在する限り間違いは起きるもの

それが現実です。
個人的に好きな言葉で
ルーティーン良い緊張感 という言葉がありますが
こういう間違えない、当たり前のことを当たり前にする、間違えるかもしれない、という意識が
リスクを減らす行動に繋がる のではと私は思っています。

実は、安全管理に関する仕事をしている私。
こんなことを常に考えています。
ケガや事故が限りなくゼロになる時代が来れば良いですね~。
2017/07/24(月) 08:25

夏の日差し

本格的な夏...ですね。

連休はどう過ごされましたか?
私は『午前中はアクティブに夕方からはダラダラと!!!』(笑)
をもっとうに連休を過ごしていました。

連休中は2回ほど、近くの川に遊びに。
やっぱり川の水温は冷たいですね~。
一気に頭まで入る子供達の気がしれないです。
その分、体が冷えるので早く帰れます。

ピリピリと照りつける太陽に肌を焼かれないように
麦藁帽子とラッシュガード(着用したまま水に入れるUVカット服)
ちょっと危ない人の格好で足だけつかって楽しんできました。

私は子供にライフジャケットを着させていますが
浮かぶし、最近はデザインも豊富なので泳ぎの苦手なお子様でも楽しく遊べるので
ライフジャケットはオススメです。潜れなくなっちゃいますけどね(笑)
何より、目立ちますから、ふと目を離してしまったときも少し安心です。


...最近薬の話、してませんね。
今日は『経口血糖降下剤』の話を少し。
ここ数年、新しい薬も発売されています。
いくつか種類があるのでそちらの説明をします。

・スルホニル尿素薬
膵臓のインスリンの分泌を促進して、血糖値を下げる薬。

・チアゾリジン薬
脂肪組織や筋肉、肝臓などに働きかけてインスリンの作用を高め、血糖値を下げる薬。

・ビグアナイド薬
肝臓が糖を作り差出す作用を抑制し、更に筋肉等に働きかけてインスリンの作用を下げる薬。

・α-グルコシダーゼ阻害薬
小腸での糖質の消化・吸収を遅らせて、食後高血糖を改善する薬。

・速攻型インスリン分泌促進薬
速やかに、短時間、膵臓のインスリン分泌を促進して、食後高血糖を改善する薬。

・DDP-4阻害薬
膵臓に働くインクレチンというホルモンの働きを強めて血糖値を下げる薬。

・SGLT2阻害薬
尿と一緒に糖分で排出して、血糖値を下げる薬。


大きく分けるとこの薬になります。
後は直接インスリンを体にいれる注射があります。

血糖値の状態により、様々な組み合わせで飲むことが多い糖尿病薬。
食後の血糖値を下げる目的から、毎食前に服用しなければいけない薬もありますし
なかなか服用が難しい薬でもあります。

しっかり決められた用法で飲むようにしてください。
また風邪や体調不要により、食事を取れない場合、薬の服用を控えるべき薬でもあります。
そういう時にどうすればいいのかは、きちんと医師や看護師、薬剤師に聞いておいてください。

血糖値は下がりすぎると低血糖になってしまい。
昏睡状態に陥ってしまうこともあります。
日頃から注意しておきましょう。
2017/07/18(火) 08:06

水鉄砲

雨、続きますね...。

湿度の高さと気温の高さ
まさに熱中症が起こりやすい時期です。

水分補給を忘れずにお願いします。


さて、今回は『水鉄砲』
週末はあいにくの雨模様。
晴れてる時間もあったので
長男と水鉄砲で水の掛け合い
シンプルだけど面白い!!!
久しぶりに家の周りを走り回りました。

その後、子供二人と近くの田んぼへトンボを捕まえに。
さすが毎日網振ってますね~(笑)
10分ぐらいで2~3匹捕まえていましたね。

もうすぐ夏休み...
『地獄の日々が始まる』 と嫁が嘆いていましたが
世の中のお母さんは皆、大変です。


話は変わりますが
最近新しく、後発医薬品が発売されています。
もしその薬飲んでる!!!という方 ぜひ薬局で相談してみてください。
・セイブル錠
・ミカルディス錠
・エビリファイ錠
などなど

一部※AG医薬品も販売されています。
もし今まで後輩医薬品を試したことがない方でも1回試してみてください。


※AG(オーソライズド・ジェネリック)医薬品
先発医薬品メーカーから特許使用の許可を得て
原薬・製法・添加物が全く同じで、薬価が4~5割の後発医薬品

2017/07/10(月) 08:25

今日は晴れそう...ですね。

昨日は雨上がりの晴れだったので
気温が上昇し、暑かったですね~。

片岡家は
次男が発熱し、家から動けず
本当は川に泳ぎに行きたかったのですが
来週に持ち越しです。


そんな発熱ですが
次男の症状は
喉の痛みと発熱、倦怠感 といったところでしょうか。
発熱も39度台の高熱だったので
多分ですが、扁桃腺炎か中耳炎の可能性が高かったと思います。


熱が出たらまず風邪を疑いますよね?
熱が出た時は 微熱なのか高熱なのか
そして他にどんな症状が出ているか?
で疑う病気が違ってきます。
子供や高齢の方は症状を感じにくい時があるので注意しましょう。

咳や倦怠感、喉の痛み、頭痛や腹痛、排尿痛など
熱を伴う症状は様々ですし
それによって病気もたくさん考えることができます。

微熱でも長期期間続くような微熱であれば問題ですし
これから暑くなって熱中症なんて可能性もあります。

ストレスやホルモンが原因の時もあります。

たかが熱ですが
発熱は病気の悪化を知る大事なポイントです。

病院に受診した時は、いつから熱が出たのか
他にどんな症状があって、いつ解熱薬などを飲んだのか...
自分自身の情報をきちんと病院や薬局で話してください。


ちなみに解熱鎮痛剤を発熱時には飲みますが
元気であればあまり服用を勧めません。
体が発熱の原因をたたかっている証拠です。
無理に下げると、治りが遅くなることもあります。

安易に、解熱鎮痛剤を飲むのではなく
医師や薬剤師に相談してから飲むようにしてください。
2017/07/03(月) 08:17

かかりつけ薬剤師

おはようございます。

梅雨ですね...。
やっと体調が回復してきた私。
今週も元気に仕事していきたいと思います。

そうそう、先週末は次男の運動会。
ダンスではリーダーだったらしく、先頭でみんなを引っ張っていました。
最近、涙腺の緩い私...
案の定ポロポロ(笑)
いや~、良い運動会でした。


さて、今回は『かかりつけ薬剤師』
制度が始まってはや一年。
どうですか?『かかりつけ薬剤師』決めましたか?
もしくは、『かかりつけ薬剤師』として活躍してますか?

そもそもどんな薬剤師が『かかりつけ薬剤師』かと言うと
・3年以上の薬局経験
・勤務先で週32時間以上の勤務時間
・勤務先の薬局に半年以上勤めている
・研修認定薬剤師の取得
・医療に関わる地域活動への参加

という条件をクリアした薬剤師がなれます。
一言で言うと...
『いつもそこの薬局にいる頼りになる薬剤師さん』ですね。


さて、『かかりつけ薬剤師』はどんなメリットが?
・いつも同じ薬剤師が担当
本当はあの薬剤師さんが良いんだけど...、今日は休みで違う薬剤師...ということはありませんか?

かかりつけ薬剤師になれば、いつもその薬剤師さんが担当してくれます。
My薬剤師ですね!!!

担当薬剤師の勤務スケジュールを教えてもらうことができ、休みの日を把握することはもちろん
担当薬剤師の電話番号も教えてもらえるので、薬のことで困ったらすぐに電話で確認することができます。

薬をたくさんの種類飲んでいる方や
複数の医療機関にかかっている方にはオススメです。

飲み合わせなどはもちろん、残薬の相談や市販役の相談
薬に関する相談は何でもできます。


そんな『かかりつけ薬剤師』
それほど浸透していないように感じます。
自分に合う薬剤師さんを見つけるのはもちろんのこと
いつも飲んでる薬も多くなければ、あまり必要性を感じないのかもしれません。

そう一つだけデメリットがあるとすれば
金銭的には少し負担が増えます。だいだい自己負担で100円程度。
この100円を安心ととるか、高いととるかは人それぞれかもしれません。

個人的には制度が始まる前から同様のサービスを受けていた患者さんに対して
この『かかりつけ薬剤師』制度はただ負担のかかる契約になる可能性もあります。

そんなマイスナ要因が浸透を妨げているかもしれません。

『かかりつけ薬剤師』
調剤薬局の薬剤師が、かかりつけ薬剤師という制度抜きに
患者さん1人1人をかかりつけ薬剤師として対応できる世の中がくれば良いな~
と思う今日このごろです。

2017/06/26(月) 08:04

ん、エヘン!!!

喉に何かひっかかる...。
少し体調を崩している私。

まあ、一年の1/3ぐらいは何かしら体調は良くないのですが(笑)
健康を維持するのは本当に大変です。

皆さんは体調崩してないですか?

最近、『熱はないけど、喉が痛くて咳が出る』という患者さんをよく見ます。

ざっくり考えられる病気は...
・風邪からの咳
・肺の病気(肺結核・肺炎・肺がんなど)
・喘息(咳喘息など)
・アレルギー性喘息
・副鼻腔炎からの咳
などなどが考えられます。
私は多分、副鼻腔炎からのだと思いますが...

風邪であれば、風邪が治れば治りますが
肺の病気であれば肺の治療が必要
喘息であれば、しっかりステロイド治療などが必要
アレルギー性であればアレルギーの原因を把握することが必要
副鼻腔であれば症状を緩和していくことが必要
になります。

熱がないということであれば
割と人にうつる病気は少なめです。
しかし、熱が出ていると感染症の可能性が高くなるので
周りの家族や仕事場でうつしてしまうかもしれません。

早めに病院に受診してください。

どんな病気も免疫力の低下から起こりやすくなります。
これから暑くなって体調管理が難しくなります。
しっかり水分補給をして、しっかり食事と睡眠をとって
暑い夏を乗り切っていきましょう。


そういえば、昨日は『父の日』でしたね。
頑張るお父さん、がんばっていきましょう!!!
2017/06/19(月) 08:33

梅雨

いつの間にか梅雨になり
紫陽花がちらほら、道端で咲いていますね。

もうすぐ暑い夏が来ます。

昨日は何故か、一日中眠気が襲い
家でゴロゴロとうたた寝を繰り返していました。

ダメですね...(笑)
来週はもう少しアクティブにお出かけしようと思っています。


そういえば、梅雨のジメジメ
原因は湿度が高いからです。

湿度が高く、気温が高くなると
汗をかきづらくなって、体温が上昇して熱中症や脱水になってしまうことがあります。

そろそろエアコンが必要な時期になってくるので
エアコンをいつでも付けれるようにフィルター掃除などは早めにして
快適な夏を過ごせるようにしてください。


あ、そうそう
皆さんは『ペットボトル症候群』って聞いたことありますか?
簡単に言うと急性の糖尿病です。

運動した後に大量にジュースを飲む方は特に注意です。
過剰な糖分をとることにより、血糖値が高くなってしまい糖尿病と同じ状態になってしまいます。
そして喉が渇くため、またジュースが欲しくなり摂取します。
しかし、大量に摂取した糖分はエネルギーとして利用できないので大量の尿として出ます。
そして、またジュースを飲んでしまいます。
この悪循環が最悪のケースに繋がることもあります。

運動したから、水分補給という考えは正しいですが
過剰にジュースを取りすぎることは危険なので控えてください。


2017/06/12(月) 08:15

PSM 研修会

今週も始まりましたね~。
本当、朝が早い!!!
5時過ぎには明るくなっっているので
目覚めも早くなってしまって困ります(笑)

さて、今回は『PSM研修会』です。
実は先週の水曜日から3日間の研修に参加していました。
場所は広島
近いようで遠い中国地方に我らがJR四国の南風に揺られながら行ってきましたよ。

そもそもこの研修会はどんな研修会かというと
薬剤師が考えるセーフティーマネジメントの会 です。
ざっくり言うと、日々薬剤師が業務する中で
間違いを防ぐためにどのような工夫をしているのかを
病院や薬局、その他のいろいろな業種の方を見学して学ぶという会です。


どんな仕事でも間違いのない職場は存在しないかと思います。
どんなに良い機械を導入しても
どんなに良いシステムを導入しても
そこに携わるのは人だからです。
そこで、間違いが起きない為に我々は日々、原因を追究し間違いゼロを目指しています。


さて、どんな日程だったかと言うと
5/31 マツダミュージアム⇒五日市記念病院or豊見薬局
6/1 岩国航空基地⇒広島大学病院
6/2 広島赤十字・原爆病院⇒JR広島病院orエスマイル薬局

広島を代表するような病院と薬局を見学させていただきました。
施設を案内してくださった方、そして今回の研修会を企画していだいた世話人の方
本当にありがとうございました。

しっかり思い返して、業務に活かしていきたいと思っています。

あまり研修会に参加してなかったのですが
やはりモチベーションアップのためにも研修には参加したほうが良いですね↑


より一層、安心と安全を守って、薬局業務を頑張りたいと思います。
2017/06/05(月) 08:29

運動会と脱水

昨日も暑かったですね...。

額に日焼止めを塗り忘れた私
額だけ、変に日焼けしてしまいました(笑)

そう、昨日は長男の運動会
一輪車に竹馬、いろんなことにチャレンジしてできるようになって...
いつも涙腺が少し緩んでしまいます。
来年はマストのぼりがあるようなのでぜひ、頑張って上れるようになって欲しいです。

そして今年も書きますよ『脱水』

毎年『脱水』については書くのでおなじみのことしか言いませんが
やっぱり脱水は怖いので、しっかり覚えておいてください。

まずは脱水症状をおさらいです。
軽度:喉の渇きや眩暈やふらつき
中等度;頭痛や吐き気
重症:意識障害や痙攣
です。

対処法はもちろん、水分補給になります。
ただし、水分補給をする際には水分だけでなくミネラルも必要になります。
水分だけをたくさん摂ってしまうと、血液中が摂りすぎた水分で薄まってしまい
体はこれ以上水分が必要ない状態と錯覚します。更に体は薄まった血液をまた濃くするために体から水分を出そうとして、更に脱水になってしまう可能性があるのです。

そこで水分補給をする際にはミネラルを含んだ体液に近い水分を摂る必要があります。
体から出ている水分(汗など)は水だけではなく、塩分なども出ているからです。
最近では、脱水対策に発売されているスポーツドリンクなどもあります。
ただし、スポーツドリンクは塩分はもちろんですが、糖分を含みます。
糖尿病や心臓に病気のある方は摂り過ぎには注意しましょう。

糖分が気になる方は経口補水液もあります。
薬局やドラックストアなどで探してみましょう。

また夏場になると、熱中症からの脱水症状になる可能性も高くなります。
部屋などの温度管理にも注意してください。

これからどんどん暑くなります。
脱水の初期症状の喉の渇きを感じにくい高齢者や
体温調節機能が発達していない子供は熱中症や脱水傾向になりやすいとされています。

周りの方がしっかりフォローしてあげてください。

暑い夏は乗り切りましょう!!!
2017/05/29(月) 08:15

健康診断

最近天気が良くて助かります。

いつの間にか子供達は半袖に...
今から夏が恐ろしいです。

さて、今回は『健康診断』
きちんと受けてますか?

通常、毎年会社で行なうはずです。
時間がないという理由で受けないのは危険なのでしっかり受けましょう。

私も会社に入社してはや11年
いつの間にか35歳を目前に...。

少しずつ体に変化が出てきています。
徐々に増える体重と脂肪
妙に痛くなる膝
若干高めの血圧
そして肩こり
...決して健康ではないようです。

結果的に体重増加+2kg
血圧は正常値
その他の検査結果は後日なので不明 という結果でした。

+2kg ヤバいです。
通常1gを燃やすのに必要なカロリーは7キロカロリーと言われています。
2kgだと14000キロカロリー!!!!!

少し考えなくてはいけないようです。

週末には長男の運動会
来月末にも次男の運動会

少し動ける体にしないといけないので
夜時間があればとりあえず軽めのジョギングを始めようと思っています。

健康を維持して
ちょっとでも良い格好をしたい父は大変ですね(笑)

今年の健康診断で体重が増えていた方、是非軽めの運動から初めましょう。
最近急に暑くなってきてるので、水分補給は忘れずに。
運動をするのであれば、日があまり照っていない朝か夕方がオススメです。
2017/05/23(火) 08:21