kataoka's blog

シップ

台風大丈夫でしたか?

日曜日は久しぶりに停電するかも...
なんて懐中電灯を用意して
携帯をフル充電していましたが
夕方ぐらいには通り抜けてしまい、あっという間に通りすぎてしまいました。

やっぱり自然は怖いですね。


さて、今回は『シップ(湿布)』
誰もが一度は使ったことがあるのではないでしょうか?
そして知らない人はいないのでないでしょうか?

患部に薬液を沁みこませた布を当て
冷やしたり、温めたり、痛みを和らげたりするものです。

シップには温感と冷感があり
温感:慢性的な血行が悪いような痛み、冷えている部分に使う
冷感:急性的な打撲などの、熱を持っている部分に使う

また、パップとテープがあり
パップ:水分を多く含んでおり、ヒンヤリしている。はがれやすいがかぶれにくい。
テープ:水分量が少ないが、薬がしっかり沁みこんでいるので痛み止めの効果が高く、しっかり貼れるが、かぶれ易い。

というのが大まかな特徴です。

シップを貼るときの注意ですが
・喘息既往歴のある方(アスピリン喘息と言われたことがある)
・妊婦の方
は要注意です。

また基本的な注意として、傷口には直接貼れません。
一部のシップは※光線過敏症に注意しなければいけません。

※光線過敏症
シップを貼った所が、紫外線でかぶれてしまう症状。
>対策
・貼付部に紫外線が当たらないように、濃い色の衣服や、サポーターなどを着用したりUVクリームを塗ったりする。
・はがしたあとも少なくても4週間は貼付部への紫外線を避ける。

最近ではかなり強力なシップも発売されており
使用に当たって制限もあるので注意して貼るようにしてください。


またH28.4~一処方につき、シップ上限70枚とされています。

たかがシップ、されどシップ。
しっかり注意事項を守って正しく使うようにしてください。
2017/09/19(火) 08:09

目標って

秋深まりますね。
半袖、半ズボンで寝ると朝方寒いですね...。
皆さんも風邪引かないように。


さて、今回は『目標って』
一生懸命、毎日を過ごしていると
何の為に仕事しているのか?
今、何の為に動いているのか?

とふと忘れて毎日を過ごしてしまう私。

皆さんもそんな経験ないですか?

そんな時、私は
そもそも目標って何だっけ?
と考えることにしています。

もちろんその時、その時の小さな目的は違います。
でもその小さな目的を達成しないときっと大きな目標にはたどり着けません。

皆さんの大きな目標は何でしょうか?
何かを買うことですか?
誰かを幸せにすることですか?

......!!!
どんどん変な話になりそうなのでこの辺で。

ちなみに私の目標は...
そうそう、あれあれ(笑)


来週の月曜日は休日。
ゆっくり考えてみるのもいいかもしれませんね。
2017/09/11(月) 08:20

懐事情

涼しい風が朝晩に吹くようになりましたね。

夜な夜な暑くて点けていたエアコン。
昨日は点けませんでした。
子供達は汗だくで布団剥いで寝てましたけどね(笑)

さて、今回は『懐事情』
もちろん調剤薬局の懐事情のお話しです。

皆さんは調剤薬局に行った時に
『申し訳ございません、在庫がない薬がありまして...』
なんて言われた経験ありませんか?

調剤薬局は全国どこの処方箋でも取り扱うことができます。
しかし、薬に期限が存在するため
薬をたくさん備蓄しておいて、薬が出ないためそれが期限切れになって処分する
ということは調剤薬局としてはできるだけ避けたい。
それに加えて、後発医薬品の発売により薬の種類は1万5千を超える種類が存在し
この種類の薬を薬局でそろえることは不可能です。

なので 出る可能性がある薬を在庫する となってしまうのは現状です。
つまり 出る可能性がある薬=近くの医療機関で取り扱う薬 となってしまい
医療機関の近くの調剤薬局やかかりつけの薬局であれば在庫はほぼ揃うと思いますが
初めてかかる調剤薬局だった場合は在庫がないという事が起きてしまいます。

もちろん、在庫がなくても卸から購入して準備することはできますが
すぐには準備ができないため、時間がかかってしまいます。

この問題を解決する方法としては
・事前に行こうとしている薬局に在庫確認をする
これが一番良い方法となります。

また、次回から行きたい薬局がある場合は
お薬手帳やお薬説明書などを前もって行きたい薬局に確認しておく方法や
事前に処方箋をFAXするのも良い方法だと思います。

調剤薬局としても患者さんが今すぐ欲しい薬がない
ということをできるだけ避けたいのですが
なかなかゼロにできないのが現状です。

今回は、調剤薬局の懐事情のお話でした。
在庫がなくてご迷惑をおかけすることもあるかと思います。
その際は、申し訳ございませんがお時間を頂くことになりますので
どうかよろしくお願いします。
2017/09/04(月) 08:19

花火

『夏が終わるね~』

すぐ横の川で花火大会
子供達はうちの親と一緒に川まで見に行っていましたが
私は家のベランダから空を眺めていました。

空に打ちあがった花火が音を立てて咲き
そして夜空に消えていく...
久しぶりにじっくり見た花火の余韻を味わいました。

皆さんは、花火、見にいきましたか?
そろそろ花火も終わる時期ですが
もし見る機会があれば、少し離れた遠くの場所から静かに見るのも悪くないですよ。


さて、今回は「薬の日数制限」について。

皆さんは薬をもらう時に、この薬は〇日までしか出せない薬なんです。
という話を聞いたことがないでしょうか?

一部の薬、新薬、麻薬、向精神薬などには
副作用の確認や依存性への注意という観点から処方日数が制限されています。

薬の種類によって、日数はいろいろありますが
14日、30日、90日の3つに分類することができます。

2016年11月~アモバン(ゾピクロン)、デパス(エチゾラム)が
無制限⇒30日制限に変更になりました。

14日分制限の薬に関しては
海外旅行や年末年始やゴールデンウィークを理由に30日まで日数延長が可能です。
しかし、あくまで30日分が制限なので注意してください。
(船員保険の方は例外的に180日処方が認められています。)

また、シップの枚数制限も行われるようになり
1回の処方で70枚までと制限されています。


というように、日数制限の薬があります。
日数制限の関係で、途中で受診しなくてはいけない
なんてことが起きてくるかと思いますが、よろしくお願いします。
2017/08/28(月) 08:21

秋の声

耳を澄ませば
朝の五月蝿いセミの声はいつの間にか小さくなり
心地よい風とコオロギの声が響くようになりました。

秋、近づいていますね!!!

片岡家は週末、川へ遊びにいったり
愛校作業で学校の掃除をしたり。
楽しく過ごせました。


さて、そんな季節の変わり目。
秋は、喘息が起こりやすい時期とも言われています。
起こりやすい原因としては
・気温や気圧の変化
・ダニや花粉などのアレルギー症状
・風邪からの症状悪化           などが言われています。

夏はわりと症状が落ち着いてるので油断してしまい
秋になって急に悪化する方が多いのも特徴です。

気温の変化に対応できるように、衣服を工夫したり
アレルギーの原因であるダニや花粉に対して
しっかり掃除したり、布団のダニ対策をしたり
風邪予防で、手洗い・うがいをしっかりすることを御願いします。

また、喘息で病院受診している方は吸入器をしっかり使うことが基本です。
本来、吸入器は使用回数から、受診日を計算してお渡しするので
残薬があるとおかしいケースなども明確になります。

現在の吸入器は、吸入の簡便さ、吸いやすさなど様々な工夫が施され
数種類の吸入器が販売されています。
もし、吸いにくさ、使いにくさなどを感じているようでしたら医師、薬剤師に相談してください。

吸入器には、予防で使用する薬と喘息発作で使用する薬に分けることができます。
やはりその喘息発作は改善する効果から、予防の薬を使用せず、発作改善の薬だけを使用している という患者さんがたまにいます、かなり危険です。しっかり予防することを忘れないようにお願いします。

暑い夏ももうすぐ終わります。
体調にはくれぐれも注意してください。
2017/08/21(月) 08:28

焼けた

暑かったですね。
今朝は妙に風が涼しくて、少しずつ秋が近づいてきているのだな~
としみじみ感じていました。

お盆休み、どう過ごされましたか?
私は...
・よさこいの付き添い
・徳島県まで足伸ばす
・川泳ぎ
・墓参り
・子供の工作作りの手伝い
などなど、それになりに忙しいお盆休みを楽しみました。

おかげで日焼けで肌が黒く...。
んん?これってシミになっちゃう!
なんて、後の祭りですね(笑)

さて、そんな黒くなったお肌の話ですが
そもそも、日焼けの原因は何かというと『紫外線』です。

紫外線は肌の中まで浸透して
肌を老化させる原因になる言われています。
更に、肌だけでなく目にも影響します。

そんな紫外線も悪いことばかりではなく
ある程度浴びないとビタミンDができなくなり、骨粗鬆のリスクが上がるとも言われていますが
1日中家にいる生活をしていない限りそれほど心配する必要はないといわれています。

なので、やはり外出するときはやっぱり日焼止めときちんと塗っておいたほうがいいです。

日焼け止めのクリームがたくさん販売されていますが
目安はやはり『SPF』と『PA』です。

SPF...シミ、ソバカスの原因UV-Bを防ぎ、日焼け防止してくれる
PA...シワ、タルミの原因UV-Aを防いでくれる。

最近ではSPF50 PA++++ などの商品も出ているようです。
塗ったから安心ということはなく、軽減してくれるという意味です。

それに、紫外線は夏だけでなく、一年中降り注いでいます。

紫外線対策を基本していない私が言うのもなんですが
肌の弱い人は特に、紫外線対策が必要になってきます。
きちんと紫外線対策をして肌を守っていきましょう。

私も、明日から塗るようにします。
2017/08/14(月) 07:50

よさこい

台風が...

来てますね!!!

夏といえば台風。
いや、夏の高知といえば『よさこい祭り』です。

今年は8/9~8/12まで、ちょうど台風が去ったあとです。
特に8/10はたくさんのチームがそこら中で踊りまくってます。

実は私、一回も踊ったことはありません(笑)
いつか踊ってみたいです。


そんな中、奥さんと次男が今年は参戦。
私も休みを頂いて長男と一緒に、2人を追いかけたいと思っています。

天気が少し悪そうですが、暑くなりそうです。

熱中症対策を忘れずに。

2017/08/06(日) 13:09

脱水って何?

アア~、溶ける...。

夏ですね。
あっという間に8月。
そしてあっという間に年末を迎えそうです。

暑くなれば、暑い⇒汗をかく⇒水分補給をする
これは当たり前ですが
では、なぜ水分がなくなるといけないんでしょうか?
いわゆる、脱水状態って体の中でどんなことが起きているのでしょうか?

今日はそれを少しだけお話していきたいと思います。

そもそも、汗などで出る水分は水...ではないですよね。
一度は舐めたことがあると思いますが、少ししょっぱいと思います。
そもそも体から出る水分には、※電解質も含みます。

※電解質
イオンとも呼ばれ、ナトリウムやクロール、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどがあります。
これらのことを総称してミネラルと呼んでいます。
脱水症予防の飲料水には、ミネラル入りと表示されているものがほとんどです。

この水分と電解質は、生命の維持に重要な役割を果たしています。

体から、水分が減ると血液量が減ってしまいます。
ゴムホースに水を流すイメージをしてもらうと分かりやすいと思いますが
血液量が減るということは、流れる血液量も減るので血管にかかる圧力が減るので血圧が下がります。するといろいろな臓器に運んでいた血液量が減ってしまうので、肝臓や腎臓などの機能が下がってしまいます。つまり、血液量が減ると、体のいろいろな臓器に影響が出てしまいます。

電解質は、体液の濃いところから薄いところへ、そして薄いところから濃いところへ調節すること、つまり浸透圧の調節をしています。他にも神経や筋肉も働いています。
電解質が不足すると、足がつったり、最悪意識を失ってしまうことだってあります。

体の体液はこの水分と電解質でできています。
経口補水液やミネラル入り麦茶などは体液と同じような成分で作られたものです。

なので、長時間野外に出る必要があるときには
電解質が入った飲み薬をとることが必要です。

ただし、糖分を含むような飲料水はカロリーを消費する運動や仕事をする場合は
食事が取れないなどの場合以外で、脱水予防だからといってとりすぎると
血糖値があがってしまうので、注意してください。

まだまだ暑い日が続きます。
適度な水分補給を心がけてすごしてください。
お年寄りや子供は、脱水傾向に自分で気づきにくいです。
周りの方が注意してあげてください。



2017/07/31(月) 09:08

リスク管理

暑い!!!

だるい!!!

夏ですね...

うちの子供達はもう夏休み突入。
昨日は久しぶりにプールへ
私も子供と一緒にウォタースライダーも体験しましたが...
なかなかのスピードと怖さで1回でギブアップしてしまいました。
もちろん子供達は何回も。

今日も朝から、ラジオ体操に走っていっていました。
子供に元気を分けてもらっています。
ちょっと暑苦しいとき、ありますけどね(笑)


さて、今回は『リスク管理』
これはどんな仕事にもつきもの。
ケガや事故を防ぐために重要な仕事です。

最近では自動車分野で
『ぶつからない車』などもよく耳にします。

調剤薬局でも同じです。
薬を間違えたりしないようにいろいろな工夫や仕組みを
考えて、リスクを減らそうと努力しています。

しかし、扱うのは人です。
ぶつからない車があれば、ぶつからないといって、スピードを出しすぎるかもしれないし
間違うはずがないシステムがあれば、チェックしなくてもいいといって、システムの抜け穴に気づけないかもしれない

過信や油断によって様々なケガや事故がおきているのが現状です。

どんなに良い機械や仕組みが作られても、最終的には人がそこに存在する限り間違いは起きるもの

それが現実です。
個人的に好きな言葉で
ルーティーン良い緊張感 という言葉がありますが
こういう間違えない、当たり前のことを当たり前にする、間違えるかもしれない、という意識が
リスクを減らす行動に繋がる のではと私は思っています。

実は、安全管理に関する仕事をしている私。
こんなことを常に考えています。
ケガや事故が限りなくゼロになる時代が来れば良いですね~。
2017/07/24(月) 08:25

夏の日差し

本格的な夏...ですね。

連休はどう過ごされましたか?
私は『午前中はアクティブに夕方からはダラダラと!!!』(笑)
をもっとうに連休を過ごしていました。

連休中は2回ほど、近くの川に遊びに。
やっぱり川の水温は冷たいですね~。
一気に頭まで入る子供達の気がしれないです。
その分、体が冷えるので早く帰れます。

ピリピリと照りつける太陽に肌を焼かれないように
麦藁帽子とラッシュガード(着用したまま水に入れるUVカット服)
ちょっと危ない人の格好で足だけつかって楽しんできました。

私は子供にライフジャケットを着させていますが
浮かぶし、最近はデザインも豊富なので泳ぎの苦手なお子様でも楽しく遊べるので
ライフジャケットはオススメです。潜れなくなっちゃいますけどね(笑)
何より、目立ちますから、ふと目を離してしまったときも少し安心です。


...最近薬の話、してませんね。
今日は『経口血糖降下剤』の話を少し。
ここ数年、新しい薬も発売されています。
いくつか種類があるのでそちらの説明をします。

・スルホニル尿素薬
膵臓のインスリンの分泌を促進して、血糖値を下げる薬。

・チアゾリジン薬
脂肪組織や筋肉、肝臓などに働きかけてインスリンの作用を高め、血糖値を下げる薬。

・ビグアナイド薬
肝臓が糖を作り差出す作用を抑制し、更に筋肉等に働きかけてインスリンの作用を下げる薬。

・α-グルコシダーゼ阻害薬
小腸での糖質の消化・吸収を遅らせて、食後高血糖を改善する薬。

・速攻型インスリン分泌促進薬
速やかに、短時間、膵臓のインスリン分泌を促進して、食後高血糖を改善する薬。

・DDP-4阻害薬
膵臓に働くインクレチンというホルモンの働きを強めて血糖値を下げる薬。

・SGLT2阻害薬
尿と一緒に糖分で排出して、血糖値を下げる薬。


大きく分けるとこの薬になります。
後は直接インスリンを体にいれる注射があります。

血糖値の状態により、様々な組み合わせで飲むことが多い糖尿病薬。
食後の血糖値を下げる目的から、毎食前に服用しなければいけない薬もありますし
なかなか服用が難しい薬でもあります。

しっかり決められた用法で飲むようにしてください。
また風邪や体調不要により、食事を取れない場合、薬の服用を控えるべき薬でもあります。
そういう時にどうすればいいのかは、きちんと医師や看護師、薬剤師に聞いておいてください。

血糖値は下がりすぎると低血糖になってしまい。
昏睡状態に陥ってしまうこともあります。
日頃から注意しておきましょう。
2017/07/18(火) 08:06